ベアレンを目指す学生に求めるもの。

  • 2014.09.30 Tuesday   16:42
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマにしています。
    ベアレンの採用活動についてお話ししています。
    前回はこちら
     
    新卒の学生が岩手で就職する場合というのは、岩手の学校を出て地元に就職するパターン、東京など県外の大学に出てから岩手に戻ってくるUターン、そして岩手には縁もゆかりもない学生が岩手で就職するIターンと3つのパターンがあると思います。
     
    うちのスタッフにはどのパターンもありますが、岩手で仕事をしたいと思う気持ちを大切にしています。生まれ育った町だから地元のために働きたい。震災を見て岩手を元気にする仕事をしたいと思った。宮澤賢治が好き。なんでもいいんですが、岩手で働きたい、岩手を元気にしたい、そんな気持ちがある人を大切にしたいと考えています。


     

    ビールへの思い、これからのお酒文化を変えていく、そんな思いも大切です。けれど、前にも書きました通り学生のそれは一面的であることが多く、またそうでなくてもベアレンの考えとあわないこともあります。そうした場合を考えると何も考えない方がいい場合もあると考えています。
     
    では、その岩手への思いをどうやってみて、判断しているのか。それはここではご容赦いただきたいと思います。学生さんが見ているかもしれませんから。けれど、そのことについても一面的ではないとだけ話しておきたいと思います。
     
    なぜか。それは言葉でいうよりずっと、地元岩手に密着して事業を展開していくことは容易ではないからです。やはり、岩手への思いがなければ、ベアレンでの仕事はやっていけないのだと思います。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/

    コメント
    コメントする








       

    PROFILE

    CALENDAR

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    • イギリスのビールは本当にぬるいです。
      こだれでら
    • コラボ商品が成功した時のメリットは。
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
      大信田昌宏
    • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
      大信田昌宏
    • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
      大信田昌宏
    • 特別編・ベアレンの311
      大信田昌宏
    • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
      大信田昌宏
    • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
      大信田昌宏
    • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
      大信田昌宏

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    banner_200x60.gif

    OTHERS