サイダー専門のパブに入る。

  • 2014.11.07 Friday   10:57
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。毎週火曜と金曜はロンドンパブ巡り報告をお送りしています。
    前回はこちらより。


     

    Cider Tapの看板を見つけて思わず飛び込んだ店内。ロンドン初パブの躊躇は全くありません。
     
    カウンターにてキャッシュオンで注文するのは予備知識としてありましたので、カウンターの中にいる髭もじゃの男性に「一番人気はどれですか?」と聞きます。
     
    「ドライか?スイートか?」
    「ドライ!」
    「スパークリングか?スティルか?どっちがいい?」
    「うーん、じゃあスパークリング」
    「じゃあ、2番のがお勧めだね。」
     
    と店内の大きな黒板を指さします。私の知らない銘柄が書かれていますが、これ以上の問答は私には無理なので、ではそれで、と2番を頼みます。



     
    後から知ったのですが、英国のパブはたいてい、試飲できます。小さな試飲カップを用意しているお店もありますし、グラスに少し入れて味見させてくれるところもあります。いろいろ試してから頼めるようになるにはもう少し慣れが必要でした・・・
     
    スパークリングのサイダーは壁から出たコックをひねって注ぎます。ちなみに、スティルならハンドポンプです。パイントグラスになみなみとサイダーが注がれ出てきます。



     
    お金を支払い、空いている席に陣取ってまずは一口。
    メモを見ますと「バランス良い、甘み爽やかだがガスは弱い。フレッシュ」とあります。
    まあ一言でいえばうまかったです。



     
    Sheppy’s Oakwood 4.5%、1パイント3.7ポンド(約660円)でした。
    幸先の良いスタートです!


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/

    コメント
    コメントする








       

    PROFILE

    CALENDAR

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    • イギリスのビールは本当にぬるいです。
      こだれでら
    • コラボ商品が成功した時のメリットは。
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
      大信田昌宏
    • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
      大信田昌宏
    • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
      大信田昌宏
    • 特別編・ベアレンの311
      大信田昌宏
    • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
      大信田昌宏
    • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
      大信田昌宏
    • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
      大信田昌宏

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    banner_200x60.gif

    OTHERS