イングリッシュ・サイダー開発ストーリー

  • 2014.11.12 Wednesday   11:12
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    水曜日は「いいでしょこれ!と自慢する」をテーマにベアレンの商品作りを紹介しています。
     
    今週より、ベアレンが満を持しての新ジャンルへ挑戦すると話題の「イングリッシュ・サイダー」の商品作りについてご紹介いたします。



     
    最初にイングリッシュ・サイダーの商品について説明します。
     
    サイダーという名前ですが、決して清涼飲料ではなくれっきとしたお酒です。
     
    サイダーはイギリスで伝統的に飲まれているりんごのお酒です。イギリスに行きますとパブなどでどこでもビールと同じように飲むことができます。最近は若者を中心に人気が再燃しており、本場イギリスでも注目のお酒です。
     
    このサイダーを岩手県産りんご100%使い、英国パブスタイルで提案するのが、ベアレンのイングリッシュ・サイダーです。今月の7日に新発売し、ベアレン初の新ジャンルへの挑戦と多くの反響をいただいています。

    (参考)発売中のイングリッシュ・サイダのウェブサイト

     
    この商品、発端は4年前、毎年この時期に作っているアップルラガーの派生商品として、発泡酒のジャンルで樽詰めのみ限定でサイダーを仕込んだのが最初です。ロンドンパブスタイルのサイダーを作ってみたいというのがずっとあったのです。



     
    サイダーという名称が清涼飲料と誤認するという恐れもあり、飲食店に限定される樽詰めでの販売でした。結果は大好評。ベアレンビールのファンの方を始め、ビール好きの方からも大変おいしいと好評の意見をいただきました。
     
    これに気をよくして、サイダー商品化への道がスタートしたのです。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/
     

    コメント
    コメントする








       

    PROFILE

    CALENDAR

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    • イギリスのビールは本当にぬるいです。
      こだれでら
    • コラボ商品が成功した時のメリットは。
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
      大信田昌宏
    • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
      大信田昌宏
    • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
      大信田昌宏
    • 特別編・ベアレンの311
      大信田昌宏
    • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
      大信田昌宏
    • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
      大信田昌宏
    • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
      大信田昌宏

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    banner_200x60.gif

    OTHERS