サイダー開発、まず最初にやったこと。

  • 2014.11.19 Wednesday   15:41
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    水曜日は「いいでしょこれ!と自慢する」をテーマにベアレンの商品作りを紹介しています。
    前回より、今月新発売しました「イングリッシュ・サイダー」の商品作りについてご紹介しています。
    前回はこちら
     
    4年前、タル詰めのみでテスト的に発売したサイダー。大変好評を博し、翌年は頒布会の限定商材として瓶詰めも行います。それを2年続け、様々検証したうえで「これはいける」という手ごたえをつかみ、正式発売を決意します。



     
    そうなるとまず、体制を整えなくてはいけません。まずは製造免許です。
     
    ベアレンでは当時、ビールと発泡酒の製造免許を持っていました。発泡酒と言っても麦芽使用比率を低くして安く売るためではなく、ベルギーのスタイルなどに日本の酒税法でビールと認められない原料(オレンジの皮や果汁など)を使わなくてはならないビールがあるため、発泡酒の製造免許が必要だったのです。
     
    サイダーもその発泡酒の免許で製造していたのですが、本来は果汁100%で作るお酒、つまり果実酒ですので、果実酒酒造免許の申請をしました。これには酒税が安いということもあります。発泡酒の麦芽使用比率25%未満で酒税は134.25円(1リットル当たり)ですが、果実酒なら80円です。少しでもお安く提供するためには果実酒の方が有利です。



     
    それからりんごの搾汁機です。従来でも9トン、3万個以上のりんごを絞っていました。スタッフ総出で旧式の搾汁機でせっせと絞っていましたが、それでも1週間くらいかかります。それにサイダーが加わるとりんごの量は倍以上になります。そのため、省力化でき時間も大幅に短縮できる新式の搾汁機を導入しました。



     
    さて、残るはマーケティングです。社内の若手スタッフを指名し、プロジェクトを発足。いよいよサイダーの商品開発ストーリーがスタートします。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/
     
     

    コメント
    コメントする








       

    PROFILE

    CALENDAR

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    • イギリスのビールは本当にぬるいです。
      こだれでら
    • コラボ商品が成功した時のメリットは。
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
      大信田昌宏
    • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
      大信田昌宏
    • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
      大信田昌宏
    • 特別編・ベアレンの311
      大信田昌宏
    • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
      大信田昌宏
    • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
      大信田昌宏
    • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
      大信田昌宏

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    banner_200x60.gif

    OTHERS