英国男子はやっぱり紳士だった。

  • 2014.11.25 Tuesday   12:10
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。毎週火曜と金曜はロンドンパブ巡り報告をお送りしています。
    前回はこちらより
     
    ロンドン初日の3件目、「The Lamb」でちょっとした事件がありました。
     
    私は一人ですので、店内を見回し空いている席でちびちびやっていると、若者4人グループが来てここの席いいですか?と聞いてきます。どうぞとゆずって相席になります。
    座る時に1人から「ドウモアリガトウゴザイマス」と日本語で言われてびっくり。日本人だと、どこで分かったんでしょうね・・・
     
    同席の英国人の若者は大変盛り上がっています。店内は大変混んでおり、みんな席を求めてうろうろしています。そんな中、一人のおばあちゃんが急に私らの席の横にあるベンチに座って、ガクッとうなだれてしまったんです。酔っているのかなあ、なんてみていると急に同席の若者たちが立ち上がって、そのおばあちゃんに寄って行ったんですね。



     
    水をもらってくる者、声をかける者、その機敏なことと言ったら。。。結局、たいしたことなくておばあちゃんもすぐに復活して帰って行ったのですが、英国紳士の一端を垣間見た気がしましたね。他でも電車ではすぐに席を譲るし、ドアを次の人のために支えていたり、みんな笑顔で親切に対応してくれたり、英国人の好感度私の中ではかなり高くなりました。





     
    さて、そんなLambも出て今日、予定していたお店は終わったんですが、ちょっと飲み足りなく街をぶらぶら。すると挑発的な看板、そしてまたまた外まであふれるほどの大盛況のお店が目に留まりました。
    これは行ってみるしかない!と4軒目のパブのドアを押したのでした。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/
     

    コメント
    コメントする








       

    PROFILE

    CALENDAR

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    • イギリスのビールは本当にぬるいです。
      こだれでら
    • コラボ商品が成功した時のメリットは。
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
      大信田昌宏
    • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
      大信田昌宏
    • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
      大信田昌宏
    • 特別編・ベアレンの311
      大信田昌宏
    • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
      大信田昌宏
    • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
      大信田昌宏
    • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
      大信田昌宏

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    banner_200x60.gif

    OTHERS