オックスフォードへ。

  • 2014.12.16 Tuesday   17:41
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。毎週火曜と金曜はロンドンパブ巡り報告をお送りしています。
    前回はこちらより
     
    三日目。この日は日曜ということもあったので、ロンドンを離れオックスフォードまで行ってみることにしました。言わずと知れた大学の街です。



    〔オックスフォードでも有名なクライストチャーチ校〕
     
    なぜオックスフォードかというと、ロンドンのパブ巡りが主な目的ですが、違う街でのパブもみて見たかったのと、実は私は「不思議の国のアリス」の話が好きで、この作者であるルイス・キャロルがオックスフォードの先生でしたのでゆかりの地を訪ねてみたかったからです。
     
    話しが横道にそれますが、「不思議の国のアリス」というお話は、オックスフォード大学の数学講師だったルイス・キャロル(本名チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン)が大学の学寮長の娘であったアリス・リデルたちに話したお話しがもとになっています。運河で舟を浮かべながらその話をしたと言い、オックスフォードの運河を見ながらここなのかなあ、なんて感慨にふけってきました。



     
    オックスフォードでは2軒のパブに行きました。
     
    学生もよく来るというKing’s Armsは落ち着いた雰囲気のオーソドックスなパブ。午前中だったのでほとんど人がいませんでしたが、ここのエールもぬるい。まったりと楽しみました。
     
    2軒目は昼食も兼ね、White Horseへ。ここでこの旅行中、唯一、フィッシュ&チップスをいただきました。11ポンド程度ですから2000円くらい・・・やっぱり高いです。
    日本だと魚は小さい物がいくつも、というのが多いと思いますがここでは大きな魚のフライが一つでした。オリジナルだというソースは意外と軽めで美味しかったです。



     
    ここではオリジナル・ビターをいただき、気分よくサイダーも。わりと冷たくて美味しかったです。観光客が多いからでしょうか。オックスフォードの休日を楽しみました。



    〔オマケ:有名な映画のあのシーンのモデルはここです。〕

    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/
     
     

    コメント
    コメントする








       

    PROFILE

    CALENDAR

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    • イギリスのビールは本当にぬるいです。
      こだれでら
    • コラボ商品が成功した時のメリットは。
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
      大信田昌宏
    • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
      大信田昌宏
    • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
      大信田昌宏
    • 特別編・ベアレンの311
      大信田昌宏
    • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
      大信田昌宏
    • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
      大信田昌宏
    • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
      大信田昌宏

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    banner_200x60.gif

    OTHERS