本場に学び、ベアレン流に仕上げる。

  • 2016.03.10 Thursday   09:32
0
    ベアレン嶌田(しまだ)です。

    盛岡駅に新たにできたベアレン三店目の直営店「ビア&ヴルスト
    ベアレン」、毎日盛況いただいています。

    このお店は、地元のビールと地元で作られたソーセージを気軽に
    楽しめるお店、をコンセプトにしています。
    もちろん、ビールもソーセージも大手のものとは違う、こだわり
    抜いた逸品ですが、そんなことはお構いなしに気軽に楽しんで
    いただきたい、そんな贅沢もあっていいのではと思っています。

    今回、乗り継ぎではなく初めてフランクフルトに降りたちました。

    目的の一つはこの新しいお店の参考にすべき、ドイツの軽食
    スタイルを視察することです。



    ドイツへ行くと街中のいたるところにソーセージを販売する
    屋台のようなお店がたくさんあります。
    屋台だけではなく、ビルの中や駅にもいわゆるファーストフード店
    のようにどこにでもあります。

    マクドナルドやバーガーキングもありますが、その数はこういった
    ところよりたくさんあります。

    フランクフルトの駅に降り立ち、駅のお店で早速注文します。

    ソーセージの名前はよくわかりませんので、目の前のを指さして
    オーダー。するとケチャップはいるか、マスタードはつけるかと
    聞いてきます。

    ミュンヘンでは聞かれなかったので戸惑いました。

    ソーセージを味わいたいのでいらないと言いたかったのですが、
    ケチャップを断った上に、マスタードも断るのはなんか悪いと
    いらぬ遠慮が働いて、マスタード付となりました。



    そして、黙っているとパンにはさまれて出てきます。
    パンなしも頼めますが、ほとんど価格は変わらないので、パンを
    つけてもらったほうがお得です。

    これで2.6ユーロ。300円ちょっとです。
    やっぱり安いですね。

    ちなみにパンはミュンヘンでもハイデルベルクでもフランクフルト
    でも同じものでした。いわゆる既製品なんでしょうね。

    こういったお店、固定のお店ではお酒も一緒に販売していますが、
    あまり飲んでいる人はいません。

    今回の新しいお店ではこのドイツスタイルにならって、レタスも
    何もパンにはさまずにソーセージだけ、というシンプルなスタイル
    にしました。



    このドイツ軽食スタイルに、イギリスのパブスタイルを融合して、
    キャッシュオンで気軽にビールも楽しめるスタイルにしたのが
    この「ビア&ヴルスト ベアレン」です。

    ヨーロッパの本場に学びながらも、それを自分たちのスタイルに
    仕上げていくのがベアレン流。
    いいとこどりできるのも、柔軟な日本人の特権かなと思っています。



    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎週更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。そんなベアレンの日常をご紹介していきます。
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、“うまいビールで食卓をハッピーに!”
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwate.beer

    ベアレンの創業ストーリーが初書籍化!
    「つなぐビール 〜地方の小さな会社が創るもの」ポプラ社

    http://tsunagu.beer

    コメント
    コメントする








       

    PROFILE

    CALENDAR

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    • イギリスのビールは本当にぬるいです。
      こだれでら
    • コラボ商品が成功した時のメリットは。
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
      大信田昌宏
    • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
      大信田昌宏
    • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
      大信田昌宏
    • 特別編・ベアレンの311
      大信田昌宏
    • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
      大信田昌宏
    • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
      大信田昌宏
    • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
      大信田昌宏

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    banner_200x60.gif

    OTHERS