チョコレートスタウト発売、そして大ヒットへ

  • 2014.02.05 Wednesday   10:42
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    水曜日は「いいでしょこれ!と自慢する」をテーマに、バレンタインデーに人気をいただいているチョコレートスタウトの誕生秘話をお話ししていますが、いよいよ発売の日を迎えます。
    前回はこちら
     
    前年に、全くビールが売れずに厳しい思いをしたので、それを繰り返すまいとアップルラガーとチョコレートスタウトと言う二本立てで臨んだ2005年冬。
     
    予想通り、アップルラガーは地元のりんごを使ったビール(酒税法上は発泡酒です)という話題性もあり、地元マスコミに多く取り上げられるなど人気に。


     

    売上も厳しかった前年の2倍超。まさに狙い通りと言った感でしたが、目立つアップルラガーの影であっという間に完売したチョコレートスタウトの動きの方が私には印象的でした。
     
    これは行ける。と直感的に考え、翌年には楽天市場のバレンタイン特集ページに広告を打ち、増産に踏み切ります。
     
    当時、バレンタインデーにお酒と言うのがあまり売れなかったからでしょうか。お酒のギフトのページがバレンタイン特集の中にありませんでした。そのため、思い切ってバレンタイン特集のトップページの広告を入れたのですが、これが大当たり。


     
    〔楽天市場のビールジャンルで1位から4位を独占するほどの人気に〕

    ビール、チョコレート、バレンタインというイメージがうまく結びついたのだと思いますが、たちまち話題に。毎年、倍々で増産しても1月中には完売してしまうほどの人気ぶりとなりました。

     
    ベアレンの「いいでしょこれ!」がお客さまの共感と結びついた瞬間。これほどうれしいことはありません。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/
     

    コメント
    コメントする








       

    PROFILE

    CALENDAR

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    • イギリスのビールは本当にぬるいです。
      こだれでら
    • コラボ商品が成功した時のメリットは。
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
      大信田昌宏
    • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
      大信田昌宏
    • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
      大信田昌宏
    • 特別編・ベアレンの311
      大信田昌宏
    • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
      大信田昌宏
    • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
      大信田昌宏
    • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
      大信田昌宏

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    banner_200x60.gif

    OTHERS