本場に学び、ベアレン流に仕上げる。

  • 2016.03.10 Thursday   09:32
0
    ベアレン嶌田(しまだ)です。

    盛岡駅に新たにできたベアレン三店目の直営店「ビア&ヴルスト
    ベアレン」、毎日盛況いただいています。

    このお店は、地元のビールと地元で作られたソーセージを気軽に
    楽しめるお店、をコンセプトにしています。
    もちろん、ビールもソーセージも大手のものとは違う、こだわり
    抜いた逸品ですが、そんなことはお構いなしに気軽に楽しんで
    いただきたい、そんな贅沢もあっていいのではと思っています。

    今回、乗り継ぎではなく初めてフランクフルトに降りたちました。

    目的の一つはこの新しいお店の参考にすべき、ドイツの軽食
    スタイルを視察することです。



    ドイツへ行くと街中のいたるところにソーセージを販売する
    屋台のようなお店がたくさんあります。
    屋台だけではなく、ビルの中や駅にもいわゆるファーストフード店
    のようにどこにでもあります。

    マクドナルドやバーガーキングもありますが、その数はこういった
    ところよりたくさんあります。

    フランクフルトの駅に降り立ち、駅のお店で早速注文します。

    ソーセージの名前はよくわかりませんので、目の前のを指さして
    オーダー。するとケチャップはいるか、マスタードはつけるかと
    聞いてきます。

    ミュンヘンでは聞かれなかったので戸惑いました。

    ソーセージを味わいたいのでいらないと言いたかったのですが、
    ケチャップを断った上に、マスタードも断るのはなんか悪いと
    いらぬ遠慮が働いて、マスタード付となりました。



    そして、黙っているとパンにはさまれて出てきます。
    パンなしも頼めますが、ほとんど価格は変わらないので、パンを
    つけてもらったほうがお得です。

    これで2.6ユーロ。300円ちょっとです。
    やっぱり安いですね。

    ちなみにパンはミュンヘンでもハイデルベルクでもフランクフルト
    でも同じものでした。いわゆる既製品なんでしょうね。

    こういったお店、固定のお店ではお酒も一緒に販売していますが、
    あまり飲んでいる人はいません。

    今回の新しいお店ではこのドイツスタイルにならって、レタスも
    何もパンにはさまずにソーセージだけ、というシンプルなスタイル
    にしました。



    このドイツ軽食スタイルに、イギリスのパブスタイルを融合して、
    キャッシュオンで気軽にビールも楽しめるスタイルにしたのが
    この「ビア&ヴルスト ベアレン」です。

    ヨーロッパの本場に学びながらも、それを自分たちのスタイルに
    仕上げていくのがベアレン流。
    いいとこどりできるのも、柔軟な日本人の特権かなと思っています。



    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎週更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。そんなベアレンの日常をご紹介していきます。
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、“うまいビールで食卓をハッピーに!”
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwate.beer

    ベアレンの創業ストーリーが初書籍化!
    「つなぐビール 〜地方の小さな会社が創るもの」ポプラ社

    http://tsunagu.beer

    ベアレン三店目の戦略

    • 2016.03.03 Thursday   15:42
    0
      ベアレン嶌田(しまだ)です。

      一週間空いた上に一日遅れてしまいました・・・

      先週は、月曜、火曜と社内旅行に出かけまして、昼から深夜まで
      飲み食いしすぎて戻ってきたら胃腸が急ブレーキ。

      38度近い熱を出して、ああもう無茶な生活はできなくなったのか
      と嘆いておりました。

      そして今週、約5年半ぶりとなる直営レストランが盛岡駅内に
      3月1日オープンしました。そんなこんなで謀殺されてしまって
      いまして・・・というのは言い訳ですね。


      さて、そのようなわけで今週は海外視察シリーズをいったんお休み
      して今回の直営店についてのお話を。


      実は、直営レストランの開店は創業当初から想定していました。

      会社設立の際の定款にも事業の内容として入れています。

      しかし、私たちが創業した2000年代前半は地ビール不遇の時期で、
      次々と地ビール会社が倒産していました。その理由の多くは
      過大な設備投資が売り上げ減少に伴って負担となっていること
      でした。

      特に多くの地ビール会社は工場に併設して立派なレストランを
      持っており、レストランは設備投資のみならず、光熱費や人件費
      などあるだけでお金が使われていきます。

      そこで私たちは、工場併設レストランを売り上げの核にするという
      それまでの地ビール会社の戦略を捨てたのです。
      (その後、何人もの工場に来た人からレストランないんですか?
      と聞かれることになりましたが)



      そして満を持して2008年、盛岡市材木町に一号店を、そして
      2010年に盛岡市中ノ橋通に二号店を開店したのです。
      おかげさまで両店とも大変、多くの人にお越しいただいており
      今に至っています。


      そして今年、なぜ三店目の開店に踏み出したのか。

      理由はいたって簡単です。


      「やってみたかったから。」


      冗談じゃないんです。本当なんです。

      もう少し丁寧に説明しますね。盛岡には通りに面していてちょっと
      時間をつぶせるような小さなお店が少ないんです。
      会社からの帰り道にちょっとだけ飲みたい時、待ち合わせ時間に
      少し早くついてしまった時、みんなと別れた帰り道にもう少しだけ
      飲みたいなあと思った時、そんなときにふらっと寄れるお店がわり
      と少ない。



      ふらっと酔って、ぱっと一杯だけシンプルに飲んで帰れる店が
      意外とないんです。そんな店あったら便利だなあ、と思っていた
      ところに盛岡駅内の物件のご案内をいただいたんです。

      なら、自分で作ってしまうか!

      これが今回の話の始まりでした。ベアレンは私たちの「こんなのが
      あったらいいな」「こういうことやったら楽しそうだな」などと
      皆さんの共感作りが一番のベースです。

      今回の「私たちのあったらいいな」が盛岡の人たちの共感を得て、
      沢山の人の新たな「場」になればこれほどうれしいことはありません。



      ビア&ヴルスト ベアレン
      盛岡駅フェザン南館地下めんこい横丁
      営業時間:10:00〜23:00

      =============================
       
      *WEBマガジン*
      <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
       
      <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎週更新のウェブマガジン。
       
      子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
      広げるという仕事術。そんなベアレンの日常をご紹介していきます。
       
      岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、“うまいビールで食卓をハッピーに!”
      を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
      http://iwate.beer

      ベアレンの創業ストーリーが初書籍化!
      「つなぐビール 〜地方の小さな会社が創るもの」ポプラ社

      http://tsunagu.beer

      ハイデルベルクのビール

      • 2016.02.17 Wednesday   10:21
      0
        ベアレン嶌田(しまだ)です。

        毎度の前置き、本文と全く関係ありません。

        ポール・ヴァレリーというフランス人の小説家(1945没)が
        言っていたそうですが、ある人が人生の選択をすべて棒を振って
        決めたそうですが、ほかの人とそう変わらない人生だったそうです。

        今、長男が大学受験の真っただ中、授業参観にも運動会にも
        行ったことのないダメ親父ですが、初めて息子の進路に悩む日々です。
        (まあ、サクッと第一志望受かっていれば悩まないんですが)

        私は東京生まれで、中学校から私立を受験して、中高一貫校を
        経て大学受験、そして就職と、はたから見ると順調に歩んで
        来たようなのですが、受験した中学は第一志望を落ちて、滑り止めに
        受けていた学校へ。大学は推薦入学が決まっていた有名私大を
        高3の年末に土壇場で元担任にひっくり返され、急きょ、受験に。

        共通一次(今のセンター試験)で点数悪かったので、迷わず、
        志望学科を下げて大学合格。就職も大学4年の夏に急に思い立ち、
        入れてもらえる会社に深く考えずに就職。
        (自力で受けた会社はすべて落ちた)
        そして盛岡に赴任して、今のこの場にいる関係の礎を築きました。

        私は、人生の大きな選択で第一志望に通ったことがありません。

        けれど、今の自分にはまったく後悔はなく、いえ、かえって
        こんなに幸せな人生があるのかと感謝の気持ちでいっぱいです。

        そんな自分は人生にとっては、選択より与えられた場でいかに頑張るか、
        一生懸命になれるかが大事だと思うのです。


        人生は選択より、その場でいかに頑張るかだ!


        息子には、いつ言おうかな・・・


        さて、ドイツ視察記の2回目。今日はハイデルベルクについてです。



        ミュンヘンからICE(ドイツの新幹線)に乗って、約3時間。
        ライン川の支流のネッカー川沿いに広がる町がハイデルベルクです。

        創立1386年、ドイツ最古の大学がある学生の街です。

        何でここに来たかというと、今から四半世紀も昔、ワインの勉強を
        し始めたとき、私はドイツワインから入ったのですが(当時は日本
        ではドイツワインが一番飲まれていた)、ハイデルベルクに世界最大
        のワイン樽があるというのを知って、いつかは見てみたいと思って
        いたのです。

        写真が横になってしまってすみません・・・

        そんなビールと関係ない動機でしたが、しっかりブルワリーパブもあり、
        またそこが大人気で、クラフトビールへの人気がしっかりとここでも
        広がってきているなと感じました。

        しかし、面白いことにどこもラインナップは、へレスとデュンケル
        なんです。いわば普通のラガーと黒ビール。
        日本の居酒屋とメニューは変わりません。ただ、メーカーが地元の
        小さな作り手で、お店ごとに違うということ。



        せいぜい、ケラービール(当社でいうセラー、無濾過ビール)が
        あるくらい。いろいろ飲み比べる、変わったビールを飲んでみたい
        といった楽しみは日本人とはちょっと違うようです。

        だんだんとこんなワインの町にも、いろいろなビールがこれから
        増えてきそうな予感を感じてきました。

        今日は前置きのほうが長かったですね・・・


        =============================
         
        *WEBマガジン*
        <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
         
        <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎週更新のウェブマガジン。
         
        子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
        広げるという仕事術。そんなベアレンの日常をご紹介していきます。
         
        岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、“うまいビールで食卓をハッピーに!”
        を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
        http://iwate.beer

        ベアレンの創業ストーリーが初書籍化!
        「つなぐビール 〜地方の小さな会社が創るもの」ポプラ社

        http://tsunagu.beer

        ミュンヘンのクラフトビール事情

        • 2016.02.10 Wednesday   12:23
        0
          ベアレン嶌田(しまだ)です。

          今年は盛岡も暖冬ですが、ドイツも暖冬のようです。

          真冬日、つまり最高気温がマイナス温度の日が1週間くらい
          続くのが例年このころの気候ですが、今年、真冬日になった日の
          記憶があまりありません。

          私が行っている間のドイツもそうでした。
          いえ、それ以上でした。

          ミュンヘンは北緯50度近く、北緯40度辺りの岩手よりずっと北に
          位置しているのに最高気温は12度、夜も8度くらいとまるで春の
          陽気でした。



          今までの経験から盛岡よりちょっと寒い気候を想定して、服など
          を持って行ったのは完全に失敗でした。
          汗をかきつつ、ドイツの街を歩いてきました。


          私にとってミュンヘンは三回目。

          毎回行くお店、ももちろん行ったんですが、今回行ってみたかった
          のはミュンヘンの「いまどき」のクラフトビールのお店です。

          ドイツは一人当たりのビール消費世界3位のビール大国ですが、
          ことバイエルン州だけに絞ると断トツ、世界で最もビールを
          飲む人たちと言えるようです。

          しかも、伝統的にへレスやヴァイツェンが多く飲まれ、ミュンヘン
          だけで巨大なビール会社が6社もあります。
          いわばビールの聖地、伝統的なビールの牙城、ともいえると思い
          ますが、ここにもクラフトビールのブームが着実に浸透してきて
          います。

          最初にご紹介するのはクラフトビールを販売するショップです。

          ミュンヘン中央駅から電車で3駅ほど行ったところにある、住宅街
          にたたずむ、Biervanaというお店。

          12時開店だというのに、12時過ぎにお店が空いていません・・・

          しばらく周辺で時間をつぶすこと30分。
          ようやくお店に入ると、世界中のクラフトビールがずらり。
          クラフトビールだけではなく、トラピストビールやランビックなど
          伝統的なスタイルのビールも目立ちます。



          さっそくお客さまも何人か来店。問屋さんでしょうか、配達の人が
          次々をビールを入れていき狭い店内はごった返しています。
          そんな中、しぶとく棚を見つめラインナップをチェック。

          正直なところ、そう珍しいビールは多くなかったです。
          東京には普通にあるクラフトビール専門店かなと感じました。
          けれど、これがミュンヘンにあるのかと思うと感慨深い気持ちです。

          店主と少しお話して、ドイツのクラフトビールでお勧めされた
          2種類を購入して帰りました。

          夜にはミュンヘン東駅というところから少し歩いたところにある
          ミュンヘンのクラフトビール会社が経営しているパブに行ってみます。

          日本にもよくあるクラフトビール専門店という感じで、タップが
          40種類くらいあります。カウンターの後ろの黒板にはそれぞれビール
          の名前が。



          ドイツ語は話せませんがメニューは読めますので、どれを飲もうかなあ
          と思案しているとお店の人が英語で「何かお好みは?」などと
          気軽に声をかけてきます。じっくりメニューを見たかったのになあと
          ちょっと困っていると

          「トラディショナルなタイプか、インターナショナルなタイプか
          どちらがいい?」

          と簡単な選択肢をくれましたので、じゃあトラディショナルで。
          というと出てきたのはメルツェン。ホップは控えめで、まさに
          ドイツスタイルのオーソドックスな味わいで、飲みごたえがあって
          うまかったです。

          そうこうしているうちに、次々とお客様がやってくる店内。
          100席ほどの広いお店が瞬く間に埋まっていきます。
          ビール伝統的なドイツ、ミュンヘンでも確実にクラフトビールへの
          関心が高まり、飲まれてきていることが感じられました。

          最後に。もちろん、インターナショナルのほうも頼みましたよ。
          予想通りでしたが、ホップのしっかり聞いたアメリカンIPAでした。

          クラフトビールは着実に世界中に広まってきています。


          =============================
           
          *WEBマガジン*
          <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
           
          <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎週更新のウェブマガジン。
           
          子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
          広げるという仕事術。そんなベアレンの日常をご紹介していきます。
           
          岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、“うまいビールで食卓をハッピーに!”
          を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
          http://iwate.beer

          ベアレンの創業ストーリーが初書籍化!
          「つなぐビール 〜地方の小さな会社が創るもの」ポプラ社

          http://tsunagu.beer

          なぜ、私たちは定期的に欧州に行くのか。

          • 2016.02.03 Wednesday   17:53
          0
            ベアレン嶌田(しまだ)です。

            ドイツより昨日、戻ってまいりました。

            今回はミュンヘンから入り、ハイデルベルク、フランクフルトと
            回ってきたのですが、暖かくてびっくりしました。
            フランクフルトは北緯50度ほどの位置、日本に持ってくると
            樺太の真ん中あたりの位置です。

            ミュンヘンは三度目でしたので、盛岡よりやや寒いというイメージ
            をもって、覚悟していったのですが、毎日春のような陽気で
            着るものに困ったくらいでした。

            さて、このウェブマガジンでも旅の模様をお伝えしたいと思って
            いますが、今日はそもそもなぜ、ヨーロッパに行ってきたのかと
            いうお話をしたいと思います。


            まず、ワインとビールというお酒を比べてみたいと思います。

            物事には何事も例外があります。一般的な視点で話します。
            よくある例外についても目をつぶってください。

            ワインの原料はブドウです。
            ブドウは生果ですので、収穫後にすぐにワイン造りに使用しなくては
            いけません。基本的にブドウの収穫地=ワインの生産地となります。


            〔車窓から見たブドウ畑(山の斜面すべて)〕

            テロワールという言葉を聞いた方もいらっしゃるかと思いますが、
            ブドウが栽培される土壌や気候がワインには大きな影響を与えます。
            そう言われる背景がここにあります。

            しかし、ワインはワインの生産地ではあまり飲まれません。
            高級ワインになればなるほど、その傾向は顕著です。ワインには
            もともと抗酸化作用のあるポリフェノールを大量に含んでいるので
            長持ちしやすいです。できてから数年経って飲まれるワインも多く
            あります。

            欧州の各国ではワインは重要な輸出品目になっています。
            フランスの農産物輸出品目では断トツの1位、14%以上のシェアを
            占める重要な輸出品目になっています。


            一方、ビール。原料は麦芽とホップです。
            もちろん、水も使いますが、これはここでは考えないでおきます。

            麦芽もホップも乾燥原料ですので、原料自体が世界中を流通しています。
            たとえば、ホップの最高級品種の一つ、チェコのザーツホップは
            世界中のどこにいても入手が可能です。

            ですので、ビールの生産地は麦芽やホップの生産地と別の場合が
            多くなっています。しかし、基本的にビールは早く飲んだほうが
            おいしいお酒です。ワインのように長持ちしません。



            このことからビールは生産地と消費地が一緒の場合が多いです。
            ドイツにはビールは工場の煙突の見える場所で飲め、という
            言葉があるほどです。


            以上を整理します。

            ワイン 原料の収穫地=ワインの生産地≠製品の消費地

            ビール 原料の収穫地≠ビールの生産地=製品の消費地

            ということが言えます。

            繰り返しますが、例外はあります。輸送技術が進歩した昨今では
            ビールの輸出も大変増えています。歴史的な経緯としてとらえて
            もらってもいいかと思います。


            何が言いたいのかと言いますと、ワインはブドウの収穫される
            現地で作られ、ワインが飲まれるテーブルで育てられてきた
            お酒であり、ビールはビールの生産地で飲まれ、その地域で
            育てられて来たお酒だと思うのです。

            つまり、ビールはその地域文化として育まれた背景から、町々で
            特有の文化を有していて、例えばデュッセルドルフとケルンのように
            ほんの目と鼻の距離の町でも全く違うビールを飲んでいたりします。

            つまり、ビールは、特に私たちが大事にしたいヨーロッパの
            伝統的なビール文化は「行ってみないとわからい」ことが
            多いのです。



            なので、私たちは私たちの大切にするヨーロッパの伝統的な
            ビール文化の本場へ定期的に行くことにしているのです。
            けれど、すべて模倣しようと思っているわけでもありません。
            見て聞いて飲んで食べてきたことを尊重し、自分たちなりに消化して
            そして自分たちの施策に反映させていきます。

            いわばそんなヒントを見つけに行っているのです。
            今回もたくさんのヒントが見つかりました。そんな現場の様子を
            次週よりご報告したいと思います。



            =============================
             
            *WEBマガジン*
            <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
             
            <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎週更新のウェブマガジン。
             
            子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
            広げるという仕事術。そんなベアレンの日常をご紹介していきます。
             
            岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、“うまいビールで食卓をハッピーに!”
            を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
            http://iwate.beer

            ベアレンの創業ストーリーが初書籍化!
            「つなぐビール 〜地方の小さな会社が創るもの」ポプラ社
            http://tsunagu.beer


            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            RECENT COMMENT

            • イギリスのビールは本当にぬるいです。
              こだれでら
            • コラボ商品が成功した時のメリットは。
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
              大信田昌宏
            • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
              大信田昌宏
            • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
              大信田昌宏
            • 特別編・ベアレンの311
              大信田昌宏
            • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
              大信田昌宏
            • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
              大信田昌宏
            • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
              大信田昌宏

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            LINKS

            banner_200x60.gif

            OTHERS