ツカサ、入社後のつらい日々での歓び。

  • 2014.08.19 Tuesday   11:15
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマにしています。当社スタッフの入社の経緯などをインタビュー形式でお送りしています。ベアレン最古参「高橋司」の入社に至る経緯、入社してからをお送りしています。
    前回はこちら
     
    ツカサの入社当時の回顧談の続きです。


     

    嶌「そんな大変な毎日の中で歓びといえば、どんなものがあった?」
    司「そうですね。何もかも初めてのことで、その中で起こるいろいろな課題をクリアしていくことに喜びを感じていましたね。
     
    先にご紹介したギフトセンターの売り場作りもそうですし、社内の様々な仕組みやルール、そんなものも一つずつツカサと作ってきたのを思い出します。
     
    嶌「他にはどんなこと思い出す?」
    司「そうですね・・・無駄をなくすために工夫していろいろ作り上げてきたことですかね。」
     
    細かいところでは配送に使った段ボール箱は、得意先でとっておいてもらって、次の配達の際に回収して再利用していました。これは今でも続いていますが、ベアレンの「もったいない」はこのころにすでにベースができてきました。


     
    〔回収段ボールは今でも倉庫の片隅にあり、再利用されています。〕

    とにかくお金がなかった。(今でもそんなに余裕ではありませんが)個人で事業を立ち上げ、発売当初こそ話題性で売れたものの、それも続かず特に1年目は苦労しました。段ボールの使いまわしは序の口で、イベントに行って他店さんで余った氷が捨ててあったら拾って次の日に使ったり、イベントで作ってもらった横断幕を切って「ベアレン」のところだけ別で使ったり、まあとにかく節約節約の日々。そんな中で、仕組みを作っていくことを楽しみに感じてくれていたことはうれしい限りです。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/
     

    ツカサ、ベアレンに入ってまず思ったこと。

    • 2014.08.05 Tuesday   16:33
    0
      ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
       
      火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマにしています。当社スタッフの入社の経緯などをインタビュー形式でお送りしています。今回から満を持しての登場、ベアレン最古参「高橋司」の登場です。
      前回はこちら
       
      さて、いよいよツカサがベアレンに入社。ツカサ26歳の春です。
       
      嶌「そのころを思い出してどうだった?」
      司「全部できるっていう歓びで毎日が楽しかったですね。」
       
      創業当時は製造サイドでも設備がうまく稼働せず、営業も足りないことだらけで時間がかかっていました。そのせいで若くて動けるツカサは営業担当でありながら、ビン詰もタル詰めもラベル貼りも、もちろん配達、集金、営業と何でもこなしていました。


       
      〔ビンをラインに入れるツカサ。窓の暗さから見て深夜と思われる。〕

      嶌「でも、大変だったよね。」
      司「そうですね。今のすき家もびっくりな毎日でしたものね。(笑い)でも、単なるビール好きだった私が実際にビールを造る現場に入ってみると知らないことが多くって、そんなことの一つ一つを知る喜びが大きかったですね。」
      嶌「でも、ほんと大変だったよね。嫌じゃなかった?」
      司「うーん・・・苦しかったですけど、嫌だとは思わなかったですね。」
      嶌「それはなんで?」
      司「何なんですかね・・・自分たちが作り上げているという使命感というか、そんな自負がありましたね。あと、反骨精神ですかね。辞めたG社に対しても、自分で選んだ道が間違いじゃないって思うためにも。」


       

      遠くを見つめるようなそんな回顧は来週も続きます。


      =============================
       
      *WEBマガジン*
      <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
       
      <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
       
      子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
      広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
       
      月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
      火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
      水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
      木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
      金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
       
      岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
      を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
      http://iwatebeer-de-happy.com/
       
       

      ツカサは、なぜベアレンに来たのか。

      • 2014.07.29 Tuesday   11:57
      0
        ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
         
        火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマにしています。当社スタッフの入社の経緯などをインタビュー形式でお送りしています。今回から満を持しての登場、ベアレン最古参「高橋司」の登場です。
        前回はこちら
         
        ベアレンも紆余曲折があり、延びに延びた開業。しかし、2003年が明け、いよいよその日が迫ってきたある日、木村よりかつてより聞いていた、もう一人のメンバー、ツカサと会うことになりました。
         
        正直なところ、会ったことは覚えているのですが何を話ししたかはあまり覚えていません。


         
        〔この部屋でしたね〕

        嶌「どんなこと話しした?」
        司「そうですね。まず、本気なのかとかすごく聞かれましたね。」
        嶌「他には?」
        司「なぜうちで働きたいのか、って聞かれました。それには、ビールが好きだからビールが好きな人と仕事をしたいからだと答えました。」
        嶌「G社では製造志望だったよね?」
        司「そうですね。その時も同じこと言われて、製造志望だそうだけど、基本的には営業をしてもらうよ、と言われました。物を作るのも大事だけど、それを知られないといくら作っても意味ないし、気持ちを切り替えましたね。」


         
        〔この部屋だけしかなく、いろんな話をしました。〕

        ツカサと話をしていて当時のことを思い出していました。私も会社を辞めてから開業まで3年かかり、その間、うちで働きたいという人は他にもいました。タイミングだよなあ・・・とそんなことをつぶやいたら、ツカサから。
         
        「昔、仲間とこんな話をしたことがあるんです。私はビールの仕事しかしたくなかったから、必然的にベアレンに来た。待てなくて他の業界に行ってしまった人はそれでよかったんじゃないのかな。」
         
        タイミングが人を選んでくれたのかな、そう感じた一言でした。


        =============================
         
        *WEBマガジン*
        <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
         
        <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
         
        子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
        広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
         
        月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
        火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
        水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
        木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
        金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
         
        岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
        を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
        http://iwatebeer-de-happy.com/
         

        ツカサ、いよいよベアレンへ。

        • 2014.07.23 Wednesday   12:09
        0
          ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
           
          火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマにしています。当社スタッフの入社の経緯などをインタビュー形式でお送りしています。今回から満を持しての登場、ベアレン最古参「高橋司」の登場です。
          前回はこちら


           

          ビールが好きで、ビールの仕事がしたくてG社へ入社したツカサ。面接の際に会った木村は入社後には辞めていてビールの話ができずに悶々とする日々。そんなある日、ヘルプで戻ってきた木村と再会を果たします。
           
          嶌「当然、飲みに行った?」
          司「ええ、行きましたね。」
          嶌「その時にビール会社立ち上げの話も聞いた?」
          司「聞きました。その前にも噂では聞いていたんですが。」
           
          木村がG社を退職したのが2000年3月末、ベアレン醸造所設立が翌2001年2月20日ですので、このころは会社設立への準備期間ということになります。


           
          〔ベアレンの設立時の定款〕

          嶌「会社設立の話を聞いてどう思った?」
          司「あー、そういう選択肢もあるんだな、と新鮮で驚きましたね。」
          嶌「いいなあと思った?」
          司「そうですね。憧れというか、すごいなと思いました。」
           
          その後、ベアレン醸造所は紆余曲折あり、ビール醸造開始が2003年の4月になります。ツカサはこの3年間、G社で経験を積み、やがてベアレン開業とともに私たちの仲間となって頑張ってくれることになります。それにはこの時の木村との出会いがあったからというのは、言うまでもありません。
           
          さて、ベアレン初期のころのツカサの思い、もう10年以上前のことになりますが次週に思い出してもらいましょう。


          =============================
           
          *WEBマガジン*
          <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
           
          <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
           
          子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
          広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
           
          月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
          火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
          水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
          木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
          金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
           
          岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
          を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
          http://iwatebeer-de-happy.com/

          ツカサ、社会に出て悩む。

          • 2014.07.15 Tuesday   11:40
          0
            ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
             
            火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマにしています。当社スタッフの入社の経緯などをインタビュー形式でお送りしています。今回から満を持しての登場、ベアレン最古参「高橋司」の登場です。
            前回はこちら
             
            G社で働くツカサ。仕事は忙しかったようですが、仕事以外で悩みがあったそうです。


             
            ※イメージ

            嶌「何に悩んでいた?」
            司「悩みというか・・・ビールが好きで入社したんですが、周囲にはビールが好きな人が少なかったですね。ビールの話があんまりできなかったのはさびしかったです。」
            嶌「岩手の中でも奥地にあったからね。ビールが好きな人が入社するというより、その地域の人が地元にビール工場ができたから働く、という感じだったんだろうね。」
            司「そうですね。面接のときに会った木村さんはとてもビールが好きそうだったので、この人と仕事したいなと思ったのに、入社したら木村さんはいないし・・・」
            嶌「なるほど。悶々としていたわけだ。」
            司「あと、自社の製品に自信を持っていないというか、大手のビールの方が好きと公言する人もいましたし。そんなところが残念でしたね。」
             
            そんな日々のツカサに一つの転機が、その夏にあったようです。


             
            〔ベアレンに来たばかりのころ〕

            司「どういう形だったかわからないんですが、その夏に、木村さんがヘルプで仕事を手伝うのにG社に戻ってきたんですよ。」
            嶌「その時、飲みに行ったり、話したりしたの?」
            司「そうですね。はい、行きましたねー」
             
            その時、木村から聞く話はとても魅力的で、刺激的だったようですが、続きは次回に。

            =============================
             
            *WEBマガジン*
            <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
             
            <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
             
            子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
            広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
             
            月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
            火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
            水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
            木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
            金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
             
            岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
            を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
            http://iwatebeer-de-happy.com/

             


            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << November 2017 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            RECENT COMMENT

            • イギリスのビールは本当にぬるいです。
              こだれでら
            • コラボ商品が成功した時のメリットは。
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
              大信田昌宏
            • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
              大信田昌宏
            • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
              大信田昌宏
            • 特別編・ベアレンの311
              大信田昌宏
            • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
              大信田昌宏
            • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
              大信田昌宏
            • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
              大信田昌宏

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            LINKS

            banner_200x60.gif

            OTHERS