頒布会という企画のメリット。

  • 2016.01.20 Wednesday   10:55
0
    ベアレン嶌田(しまだ)です。

    映像化された作品を、原作を読んでから見るか、映像を見てから原作を
    読むか、の話の続きです。

    年末に伊坂幸太郎さんの「鴨とアヒルのコインロッカー」の映画がテレビ
    でやっていたので、見ました。以前にこの本は読んでいて、どう映像化
    するのだろうと気になっていたのです。



    というのも、このお話はいわゆる叙述的ミステリーで、ネタバレになるので
    詳細は書きませんが、ストーリーの書き方で読者をミスリードして、
    最後に「なるほどそういうことか!」とオチが付く、そんなような話です。

    つまり、文章だから面白いのであって、これを映像化するのは難しいのでは
    ないかなと思っていましたが、これがなんと、うまく作ってありましたね。
    どんでん返しが映像でもうまく表現されてました。

    原作のミスリードをどう映像で表現するのかな、という観点でも面白く
    見れました。やっぱり、原作を読んでから映像を見たほうがいいような
    気がするな。


    さて、本日は頒布会(はんぷかい)という企画についてです。


    頒布会については過去にも書きましたが、今回は現在販売中のビールと
    食品がセットになった企画をもとにお話しします。



    頒布会に大事なのは、「世界観」「限定感」「お得感」とお話ししました。

    当社にとっては、一度の受注で一定期間の売り上げが確保されることや
    様々なものが販売できる、お試しもできるなどのメリットがあります。

    お客様にとっては世界観や限定感からくる贅沢や、お得に商品が
    手に入るチャンスにもなります。
    なにより、毎月商品が届くという贅沢感が私にとっては魅力かなと
    思っています。

    当社では秋と春にこの企画を立てていますが、春はビールと食品のセット
    にしています。


    今年の企画は「スペシャルビールと岩手の醸しグルメの3か月」と
    題しています。世界観としては岩手のおいしい発酵食品にスポットを
    当て、限定感ではこの企画でしか手に入らないビール、そしてお得な
    価格設定にしています。

    頒布会でのメリットにお試しがあると書きましたが、今回、食品でも
    いろいろお試しをしました。醸しグルメという企画ですので、県内の
    様々な発酵食品をあたりました。

    チーズ、ピクルス、パン・・・お付き合いのある食品会社さんから
    ネットで調べて電話をかけて問い合わせをしたり。
    結果、今回は毎月4種類、6社の商品を採用させていただきました。

    そのうち、5社は当社初めての取り扱いです。

    ビールを飲みながら、つまみは必要不可欠です。
    こういった新たな出会いは当社の提案にも幅が出ますし、これがご縁で
    この先の取り扱いが広がるケースも多くあります。
    また、直営レストランもありますのでそちらとの連携もできます。

    そういった意味でも頒布会の新しいのものにチャレンジする機会という
    のはお客様のみならず、当社にとっても大きなメリットがあるのです。

    もちろん、チャレンジありきではなく、みんなすべて試食を繰り返し、
    ベアレン厳選という言葉に恥じないラインナップをそろえていますので
    ご安心を。


    春の頒布会の企画、実際のページはこちらです。
    http://baeren.jp/bs2016s?id=main_content


    なお、来週は私がドイツ出張中につき、更新をお休みします。
    戻ってきてからドイツ土産話をお楽しみに。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎週更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。そんなベアレンの日常をご紹介していきます。
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、“うまいビールで食卓をハッピーに!”
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwate.beer

    ベアレンの創業ストーリーが初書籍化!
    「つなぐビール 〜地方の小さな会社が創るもの」ポプラ社
    http://tsunagu.beer

    小さな会社の告知戦略

    • 2016.01.13 Wednesday   15:09
    0
      ベアレン嶌田(しまだ)です。

      突然ですが、皆さんは映像化された作品を、原作を読んでから見るか
      映像を見てから原作を読むか、どちらが多いですか?

      私は圧倒的に前者ですね。

      先に映像を見た場合、よほどのことがないと原作を読んでみようとは
      思いません。映像化のイメージが強すぎて、想像する楽しみが半減
      してしまうと思うんですよね。

      また原作を読んでいて、それが映像化された場合も、その原作が好きで
      あればあるほど、映像化を見たいとは思わないんですよね・・・
      でも、ケースとしてはこちらのほうが多いのも事実です。
      そして、大体の場合、がっかりします。

      原作に対する思い入れだったり、イメージが強すぎて、なんかしっくり
      来なかったり、自分が良かったなと思うことが表現されていなかったり
      することが多いです。皆さんはどうでしょうか?

      あ!

      前振り、本題と全然関係ないです。
      でも、今年は仕事術だけでなく、私のなにげないつぶやきも書いて
      行きたいと思っていますので、こちらもお付き合いください。

      なお、今日の話は来週も続きます。


      さて、本日は小さな会社の告知方法についてです。


      先週の週末、当社にて恒例の新成人にベアレンビールをプレゼントする
      企画を開催しました。



      お酒を飲み始める年齢に、地元にあるうまいビールを知ってもらいたい
      そんな願いを込めて、毎年開催しています。
      年々、来てくれる人が増えて、今年は60人の新成人にビールをプレゼント
      しました。



      このくらいの小さな企画だと、テレビや雑誌などに広告を打つほどの
      予算はありません。通常、当社が持っているツールやチラシを配ったり
      といった手法に頼ることになります。

      当社の場合、そんなツールには以下のようなものがあります。

      ブログ・・・一日あたりユニークユーザー200人台
      フェイスブック・・・6000いいね、くらい
      ツイッター・・・フォロワー4000人強
      DM・・・グループがいくつかありますが、1000人弱
      メルマガ・・・配信元はいくつかありますが合わせて15000人くらい
      ラジオ番組・・・月に2回、5分の提供番組

      だいたい、こんな感じでしょうか。

      しかしこれだけでは到底、足りません。この新成人企画の場合、最初の年は
      このツールを使って告知してきてくれた新成人は一ケタでした。


      理由の一つには、この私どものツールは主に、ベアレンを知っている人、
      ベアレンが好きな人が対象です。
      新成人は含まれていないんですね。私どもの持っている告知ツールは
      多くの場合、直接、新成人には届かないんです。

      それでは当社はどうしたのか。

      もちろん、持っているツールは使います。加えて、普段はあまりつかなわい
      ところにも告知をします。例えば、タウン誌の告知欄、これは無料です。
      早めにエントリーして営利目的でなければ掲載の可能性高く、けっこう
      見られています。



      チラシもホテル(着付けなどで利用する)、若者に人気の飲食店、スキー場
      などに設置してもらいました。

      結果は過去最多の方々にお越しいただけたんですが、お越しの方へ
      どこでこの企画を知ったか聞きました。

      一番は、親、友人、知人からの口コミでした。半数近くはこれでした。
      次いでタウン誌の記事やチラシ、SNSが同じくらいで合わせて半数近く
      ラジオは最も少なく5%程度でした。

      私がこのことから感じるのは、一歩目が重要ということです。

      SNSで知った方も多数はシェアされた記事などで知っていますので、
      告知ルートの多数は、ベアレンからの直接の情報ではなくて、第3者を
      介して知っているのです。

      でも、初めの年はこの口コミが起きなかった。いわば二歩目が起きなかったのです。

      なぜか。

      それは一歩目(当社の告知方法)が、二歩目(口コミ)につながらなかった
      からだと考えています。三歩目が新成人本人だとすると、三歩目を意識した
      一歩目でないと意味がない、ということです。

      普段の私どものターゲットは新成人ではありませんので、通常の告知ルートで
      二歩目、三歩目が生まれやすい構造になっていると思います。
      けれど、今回のようにターゲットが変わるときには、一歩目の考え方が
      とても重要になるのです。

      一歩目、来年はもっと練って、精度を上げていきたいと思っています。


      ちなみに、三歩目から四歩目の人が増えたのが特徴でした。
      三歩目は新成人ですから、新成人同士で口コミが結構あったのです。
      これは、ベアレンというブランドが若者の間でも口コミを喚起しやすい
      ブランドに育ってきた表れかとうれしく感じました。

      新たな取り組みはこんな、発見ももたらしてくれます。


      =============================
       
      *WEBマガジン*
      <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
       
      <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎週更新のウェブマガジン。
       
      子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
      広げるという仕事術。そんなベアレンの日常をご紹介していきます。
       
      岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、“うまいビールで食卓をハッピーに!”
      を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
      http://iwate.beer

      ベアレンの創業ストーリーが初書籍化!
      「つなぐビール 〜地方の小さな会社が創るもの」ポプラ社
      http://tsunagu.beer

      連載を再開いたします。

      • 2016.01.06 Wednesday   10:55
      0
        ベアレン嶌田(しまだ)です。

        みなさま、あけましておめでとうございます。

        昨年はほぼ一年間、このブログを放置してしまいました。
        本の出版という大仕事に忙殺され、ついつい更新が怠るうちに
        このような結果に。。。


        読んでいただけました?専用サイト

        年も明けましたので、気分一新、今年から更新を再開したいと
        思います。毎週水曜日に記事を投稿します。
        改めてよろしくお願いいたします。


        さて、新年。


        宇宙規模で見ると、何のことはないいつも通りの地球の自転で
        しょうが、人類はここに節目をつけて、12月31日と1月1日は
        まったく違う気持ちで迎えます。

        なんか、この節目、大切だと思うんです。

        ビールの製造、販売という仕事はなかなか日常にメリハリを
        つけにくいものです。ビルを建てる仕事だと、ビルが完成する
        という大きな節目があり、達成感も大きいでしょう。

        でも、ビールの場合は毎日、注文が来ます。毎日、ビールは
        発酵していて、タンクで眠っていて、瓶詰されて出荷して
        いきます。毎日、毎日、同じことの繰り返し。

        無限ループに入ってしまったような気さえしてきます。
        そんな日常の中でメリハリは必要だと思うのです。その大きな
        一つが新年ではないでしょうか。


        ベアレンでは毎月、ベアレンニュースという会報誌を発行して
        いますが、その1月号は毎年、スタッフ一人一人の今年の抱負を
        掲載しています。

        やはり、言葉にするということで自覚が高まりますし、そのほうが
        断然、達成度も高まると思います。
        有意義な一年にするために、皆さんも今年の抱負立ててみませんか。




        でも、三日坊主は人の性。年末になると、どんな抱負を立てたかなあ
        と忘れてしまうもの。でも、ベアレンはやりっぱなしは許しません。
        12月にはちゃんと一人ずつ、抱負に対してどうだったのか発表して
        もらっています。

        もちろん、かしこまらずに社内共有メールで楽しくです。

        今年もスタッフ一同、気持ちも新たに仕事に向かう日々がスタートしました。


        最後に余談を。
        年の初めに「今年のあなたの運勢は!」みたいな記事ってよくありますよね。
        それによると私の今年の運勢はあまりよくないみたいです。

        そんなの気にすることない、と思いますが、毎朝、テレビでやって
        いる今日の運勢、なんて言うのもついつい見てしまいます。
        まあ、出勤時にはもう忘れていますが。

        この運勢というもの、なんだか一年とか一日とか、今月とかざっくり
        くくられてしまうのってどうなのかなあと思ってしまいます。

        先日読んだ本でこんな言葉がありました。


        人間の一日には、必ず一人、その日の天使がついている。


        今日はついていないなあと思った日でも、ちょっとしたことで救われる
        ことがあったりする。それが天使ということなんですが、私はこっち
        の考えのほうが好きですね。

        私はついていない一年のようですが、ふとして出会う天使に助けられ
        ながら、今年もつつがない一年を送られればと思っています。

        今年もどうぞよろしくお願いいたします。



        =============================
         
        *WEBマガジン*
        <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
         
        <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎週更新のウェブマガジン。
         
        子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
        広げるという仕事術。そんなベアレンの日常をご紹介していきます。
         
        岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、“うまいビールで食卓をハッピーに!”
        を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
        http://iwate.beer

        ベアレンの創業ストーリーが初書籍化!
        「つなぐビール 〜地方の小さな会社が創るもの」ポプラ社
        http://tsunagu.beer

        本を出版します。

        • 2015.09.09 Wednesday   10:53
        0
          ベアレン嶌田です。
          とても久しぶりの更新になってしまいました。
          言い訳にはなってしまいますが、係りきりになっていることがあり
          ブログまで手が回らなくなっていました。

          それがようやく形になりましたので、ご報告します。

           
          この度、ベアレンの立ち上げから今に至るリアルストーリーが
          本になることになりました!!
          もちろん、このブログで書いたことも含まれています。

           
          ********************************
          書名:つなぐビール 地方の小さな会社の創るもの
          著者:嶌田洋一
          出版社:ポプラ社
          価格:1,400円+税
          ********************************

          この度、ご縁をいただき、分不相応ながら私のお酒との出会いからの30年を
          ありのままに綴りました。
           
          この30年のお酒の世界の推移や、ベアレンの立ち上げからのストーリー、
          イベント企画や商品開発などマーケティングの話からブランディングの話まで
          盛りだくさんの内容になっています。

          ぜひ、こんな方々に読んでほしい本です。
          ・ベアレンのビールを飲んだことのある方(きっと一味違って飲めるようになると思います)
          ・地方を元気にしたいと思っている方
          ・地方の魅力を発信していきたいと頑張っている方
          ・起業を夢見ている方
          ・ビールに限らず、お酒や美味しい物が大好きな方
          なぜなら、きっとこんな方々には共感してもらえる内容だと思うからです。

          発売日は9月25日ころを予定しています。(もう少し早く並ぶところもあるかもしれません)
          岩手にお住まいの方には、ぜひ書店さんで買っていただきたいです。
          地元から発信する本、ぜひ地元で。すでに予約もできるようです。
          オクトーバーフェストに参加される方には、会場にて販売もあります。
          アマゾン、楽天ブックスなどでも販売しています。
           
          多くの方々に読んでいただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

          落ち着いてきましたら、このブログもゆっくり再開したいと思っています。

          ベアレン醸造所 嶌田

          ベアレンの朝礼

          • 2015.03.05 Thursday   16:04
          0
            ベアレン嶌田(しまだ)です。
            本日より新コーナー、ベアレンのカタチにしました。をご紹介します。
             
            今年、新たな取り組みとしてスタッフより有志を募り、ブランディングチームを結成しました。ブランディングについて学び、ベアレンのブランディングに付いての取り組みを考え、進めるのが目的です。
             
            取組みの最初に、私たちは改めてベアレンの大事にしたい世界観を共有しました。
            ブランディングは統一感が大事と思います。面白そうだからと、脈略なくあれやこらやとやっていると何をしたい会社なのかわからない・・・ということになりかねません。私たちはこういう会社です。というのを統一して示していくことが、ブランド化につながると考えています。
             
            そんなベアレンの世界観は、岩手に根付いた、一生懸命、真面目、熱心、ビールが大好き、活気がある、そんなワードを再認識しました。ブランディングというと、カッコイイCMを作ってガンガン流すとか、駅に大きなポスターを何枚も貼るとか、なんか派手なことをイメージしそうですが、ベアレンにはそんなことできません。小さなことをこつこつと積み重ねていくだけです。それを同じ世界観でやっていく。その繰り返しだと思っています。
             
            そして取り組み始めたいくつかをこのコーナーで紹介していきたいと思っています。本日は最近、変わったベアレンの朝礼です。
            活気がある、一生懸命という世界観のベアレンで、朝礼でももっと元気を出して一日をスタートさせたい、とメンバーからの発案で実施しました。まずは動画を見てください。この日はたまたま出張などで人数が少なかったのですが、雪の中でも外でやっているんだということをPRしたくてこの日の動画にしました。



             

            この朝礼を始めてから、そのあとみんな笑顔になりますし、元気に仕事に入れるようになったと思います。こんな事例を毎週、ご紹介していきます。

            =============================
             
            *WEBマガジン*
            <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
             
            <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
             
            子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
            広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
             
             遊びにもきちんとルールを設ける
             『この指とまれ』で仲間を増やす
             『いいでしょこれ!』と自慢する
             『場』をつくる。まずやってみる
             前と同じことは繰り返さないこと
            ☆ 英国パブ巡り報告

             
            岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
            を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
            http://iwatebeer-de-happy.com/

             


            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << November 2017 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            RECENT COMMENT

            • イギリスのビールは本当にぬるいです。
              こだれでら
            • コラボ商品が成功した時のメリットは。
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
              大信田昌宏
            • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
              大信田昌宏
            • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
              大信田昌宏
            • 特別編・ベアレンの311
              大信田昌宏
            • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
              大信田昌宏
            • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
              大信田昌宏
            • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
              大信田昌宏

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            LINKS

            banner_200x60.gif

            OTHERS