ベアレンのコーポレートメッセージ

  • 2014.06.23 Monday   11:30
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    月曜日は「遊びにもきちんとルールを設ける」と題してベアレンのルールをご紹介しています。新しく作ったブランドガイドラインについてご紹介しています。
    前回まではこちら
     
    今回はコーポレートメッセージについてです。
     
    コーポレートメッセージと言うと、「The Power of Dreams Inspire the Next」「i'm lovin' it」とか大企業のカッコイイ文句が思い浮かびますが(ちなみに上記はそれぞれどこの企業かわかりますか?)、中小企業はこんな抽象的な言葉では伝わらないと思いますし、カッコイイ文句で企業名を想起させるほど宣伝力もないです。
     
    けれど、コーポレートメッセージはその会社のできること、やりたいこと、向かっている方向などを端的に表し、外から「ああ、ここはこんな会社なのか」と理解されやすくなる便利な言葉だと思います。


     

    そこでベアレンが考えたコーポレートメッセージは、先週ご案内したミッションにもある「うまいビールで食卓をハッピーに!」です。うまいビールとは何ぞや、というのはミッションの中で説明しました。ベアレンのうまいビールがあれば、食卓はもっとハッピーになりますよね。という願いを込めました。
     
    食卓は単に家のテーブルだけでなく、木曜日に連載している「場」すべて、ビールのあるシーンを想定しています。ハッピーと英語にしたのは、「幸せに」と言ってしまうと一つの意味になってしまいそうですが、「ハッピー」だと幅広い意味でとらえてもらえるかなと思って選びました。


     

    この言葉を選んだ一番の理由は、私がそう思うからです。大手さんの画一されたビールだけでなく、様々な味わいのあるビールがある方が食事は楽しい。そう思うので、その価値観を多くの人と共有したい。私が一番、そう願っている人なのだと思います。
     
    (答え)The Power of Dreams=本田技研工業、Inspire the Next=日立製作所、i'm lovin' it=マクドナルド。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/
     

    ベアレンのミッション。

    • 2014.06.16 Monday   11:50
    0
      ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
       
      月曜日は「遊びにもきちんとルールを設ける」と題してベアレンのルールをご紹介しています。新しく作ったブランドガイドラインについてご紹介しています。
      前回まではこちら
       
      以前に作っていましたが、このブランドガイドラインの中でベアレンのミッションについての文章もきちんと掲載し、浸透を図っています。
       
      ミッションとは外部に対して、現在の市場の中でベアレンはどのようなビールを造り、それがどのような役に立つのか、社会での存在意義をまとめた文章です。全文をご紹介します。
       
      *************


      とりあえずビール、ビールはのど越し、そんな言葉が定着している日本のビール。広いビールの楽しみが多くの人に理解されているとは言えません。
       
      ベアレンでは、100年前の設備を駆使し、ヨーロッパの伝統的なビールスタイルを尊重して、手造りの本格ビールを造っています。そのビールは日々飲み続けられる味わいながら、贅沢なコクと豊かな余韻にあふれています。
       
      そんなビールがあれば、食卓はもっと豊かに、そして贅沢なものになるのではないか。うまいビールで食卓をハッピーにしたい、私たちはそう願っています。

      *************
       
      これで200文字強です。印刷物などに積極的に掲載するようにしています。これによりベアレンという会社がどのように考え、どんなことをしている会社かということが明確になると考えています。
      印刷物の関係でこの文量の掲載が難しい時のためにショートバージョンも用意しています。


       

      会社のあり方を端的に表すこと、これが小さな会社のブランド戦略には大切なことだと考えています。


      =============================
       
      *WEBマガジン*
      <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
       
      <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
       
      子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
      広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
       
      月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
      火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
      水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
      木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
      金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
       
      岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
      を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
      http://iwatebeer-de-happy.com/
       

      ベアレンの印刷物の”らしさ”

      • 2014.06.09 Monday   11:12
      0
        ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
         
        月曜日は「遊びにもきちんとルールを設ける」と題してベアレンのルールをご紹介しています。新しく作ったブランドガイドラインについてご紹介しています。
        前回まではこちら
         
        前回、デザインのガイドラインについてもまとめたお話しをしました。この延長線上で印刷物についても、「らしさ10カ条」をまとめました。
        印刷物を作成する際は、これをチェックし、7つ以上あればOK、印刷してよいということにしています。


         

        例えば、ベアレングリーンが入っていること、岩手・盛岡など地元への愛が込められていること、などなど全部で10項目あります。
         
        実はこの春、このガイドラインに合わせて毎月発行しているベアレンニュースもリニューアルしました。レイアウトや色遣いもそうですが、紙も変えました。今までは一番安い光沢のあるコート紙を使っていましたが、ナチュラルな感じのあるマット紙に切り替えています。他の印刷物もすべて同じです。コストアップにはなりますが、統一感という点では大事なことだと思っています。


         

        私はこれらの決まりを作る際、自分が好きなという視点を大切にしています。世間ではこういうのが流行っているからとか、コンサルタントの人が進めたからとか、そういった第三者の感覚より自分が好きだからという気持ちが大切と思っています。
         
        私にとって事業は自分の価値観との共感作り、と思っています。こういったディテールの部分にもそれをしっかり出すことによってブランド化が進んでいくのだと思っています。


        =============================
         
        *WEBマガジン*
        <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
         
        <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
         
        子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
        広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
         
        月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
        火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
        水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
        木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
        金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
         
        岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
        を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
        http://iwatebeer-de-happy.com/
         

        ベアレンのロゴマークの意味、ご存知ですか?

        • 2014.06.02 Monday   12:56
        0
          ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
           
          月曜日は「遊びにもきちんとルールを設ける」と題してベアレンのルールをご紹介しています。前回より新しく作ったブランドガイドラインについてご紹介しています。
          前回まではこちら
           
          ブランドガイドラインを作るにあたって、新たに作成した内容も数多くありますがその中の一つがロゴマークについての規定です。


           
          〔くまロゴと文字ロゴを縦に使ったパターン。比率もこの通り規定されています。〕

          大手企業ではCIの規定については、細かく決まっていて勝手に加工できないようになっているかもしれませんが、中小企業ではおろそかになっていることが多いのではないでしょうか。当社もそうでした。昔はロゴマークがほしいと取引先から言われて、ちゃんとした画像がなくて言われてから探すと言った有様でした。
           
          ブランドガイドラインができて、デザイナー向けにデザイン部分に関する部分だけをまとめた資料も作りましたので、依頼があった際はその一式を送るだけで済みます。こちらの意向も間違いなく伝わりますし、間違いがありません。
           
          また、ロゴマークの由来や社名の由来についても、意外と知らないスタッフが多いものだと思い、改めてまとめて周知しました。そのことによって、社名に込めた思いも伝わるようになりました。


           

          印刷色についてもガイドラインを作成しています。このことによって、外注する際も統一感が作りやすくなりますし、社内でチラシを作る際やウェブページを作る際に毎回悩まなくてやりやすくなったと好評です。こうやって見え方に統一感を出していくことによってブランドの浸透がさらに進んでいくものと思っています。


          =============================
           
          *WEBマガジン*
          <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
           
          <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
           
          子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
          広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
           
          月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
          火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
          水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
          木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
          金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
           
          岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
          を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
          http://iwatebeer-de-happy.com/

          ブランドガイドラインの最初のページ。

          • 2014.05.26 Monday   12:37
          0
            ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
             
            月曜日は「遊びにもきちんとルールを設ける」と題してベアレンのルールをご紹介しています。前回より新しく作ったブランドガイドラインについてご紹介しています。
            前回まではこちら
             
            ブランドガイドラインを開くと最初のページには「経営理念」が書かれています。これは会社の不変の価値観、ベアレンの存在意義だと理解しています。えてしてお飾り的になってしまって、意味までしっかり浸透していないことがありますので、最初のページに記載してしっかり浸透を図っています。


             

            そして次のページにあるのが、コンタクトポイントです。
             
            これはお客さまと会社との接点のことです。商品、サービスからメディア、人とあらゆるお客様との接点を今一度思い出してもらい、その一つ一つがブランドを作りだしていく大切な接点であることを最初に認識してもらい、考え直してもらいたいという考えで最初にこれがあると考えています。
             
            このブランドガイドラインをきっかけに、ロゴマークの使い方のルールや印刷物に関するルールも細かく規定しました。色使いや文章の書き方やフォントまで・・・それらがトータルで一貫しており、その積み重ねによってブランドが構築されていくのだと思います。


             

            スタッフが多くなってきたからこそ、このように細かくまとめていくことが大事だと思っています。これを教えてくれた村尾隆介さんが言っていました。「こまけーよ、わかっているよ!」と言われるくらい作りこまないとだめだと。まだそこまで言われていないので、まだまだなのかな、と思ったりもしています。


            =============================
             
            *WEBマガジン*
            <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
             
            <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
             
            子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
            広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
             
            月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
            火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
            水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
            木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
            金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
             
            岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
            を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
            http://iwatebeer-de-happy.com/
             


            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            RECENT COMMENT

            • イギリスのビールは本当にぬるいです。
              こだれでら
            • コラボ商品が成功した時のメリットは。
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
              大信田昌宏
            • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
              大信田昌宏
            • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
              大信田昌宏
            • 特別編・ベアレンの311
              大信田昌宏
            • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
              大信田昌宏
            • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
              大信田昌宏
            • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
              大信田昌宏

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            LINKS

            banner_200x60.gif

            OTHERS