なぜベアレンを目指したのか。製造部佐藤友彦の場合(3)

  • 2014.04.15 Tuesday   12:08
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマにしています。前回より当社スタッフの入社の経緯などをインタビュー形式でお送りしています。製造部の佐藤友彦君の三回目。
    前回はこちら
     
    ビール会などに参加しながら、入社への思いを強くしていった友彦・・・
     
    嶌田「そして、突然、入社したい!って履歴書と手紙を送ってきたんだよね。」


     

    友彦「はい。新卒の新入社員の募集をしていることを知って、中途は募集していないのを知っていたんですが、人を募集しているということは入る余地があるんじゃないかと思って。」
     
    嶌田「よく覚えているんだけど、確か次の日くらいに工場に来たんだよね。」
     
    友彦「はい、送りっぱなしでは失礼かと思って。」
     
    すごく恐縮して、挨拶そこそこ後ずさりながら話す控えめな態度が印象的でした。
    その時は「今は募集はないけど、将来的にタイミングがあったら連絡します」と伝えました。


     

    しょっちゅうではないけど、ベアレンで働きたい、というお手紙は時折もらいます。けれど、彼は何か印象が残っていたんですね。実際に半年後、直営レストラン開店に際し、学生時代にホテルでバイトもしていたということで声をかけたんです。
     
    ベアレンへの思いを募らせながら、ようやく念願かなってのベアレン入社。
     
    嶌田「もちろん、外から見るのとうちから見るのとでは印象はちがかったでしょう?」
     
    友彦「そうですね・・・うーん・・・」
    考え込む彼。来週は6年も思い続けて入社したベアレンで感じたこと。そしてこれからについてご紹介します。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/
     

    なぜベアレンを目指したのか。製造部佐藤友彦の場合(2)

    • 2014.04.08 Tuesday   12:08
    0
      ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
       
      火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマにしています。前回より当社スタッフの入社の経緯などをインタビュー形式でお送りしています。前回に引き続き、製造部の佐藤友彦君に登場してもらいます。
      前回はこちら
       
      嶌田「別の会社で働き始めてから、ベアレンのことをより知る機会があったということだけど。」




      友彦「はい、パブのビール会に参加させてもらったんです。」
       
      嶌田「そうだったよね。職場のある北上から来る熱心なお客さまがいるな、と思ったのをおぼえているよ。そこでどんなことを感じた?」
       
      友彦「他のお客さまやスタッフの方といろいろ話ができたんですが、お客さまはみんなすごくベアレンが好きなんだなあと感じましたし、スタッフの方々へのビールへの思いやすごく楽しそうな雰囲気を見て、ますますベアレンで働けたら、そう感じました。」
       
      パブのビール会はベアレンのビールを中心に楽しむ会で、メンバーの固定率も高く、いろんな人と話をできる機会としては友彦君のような人には向いていたのかと思います。ちなみに、なんでニモクなど他のビール会に行かなかったのかというと、知らなかった・・・とのこと。PR不足ですね。


       
      〔現在は製造部で充填などを担当、責任ある仕事を任されています。〕

      嶌田「けれど、すぐにベアレンに入ろうというアクションは示さなかったよね?」
       
      友彦「はい、北上のレンタルビデオ店で働いていたんですが、やっぱり、一度働き始めたからにはそこでもしっかり仕事をしてからではないといけないと思って、店長になって後輩が育つまではと思っていたんです。」
       
      嶌田「そして、時期が来たと・・・」
       
      次週は友彦君の入社に至る経緯をもうちょっと突っ込んでご紹介します。


      =============================
       
      *WEBマガジン*
      <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
       
      <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
       
      子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
      広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
       
      月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
      火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
      水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
      木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
      金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
       
      岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
      を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
      http://iwatebeer-de-happy.com/

      新シリーズ・ベアレンスタッフはなぜ、ベアレンを目指したのか。

      • 2014.04.01 Tuesday   13:08
      0
        ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
         
        火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマにしています。
         
        今回から新テーマで、当社のスタッフの入社の経緯とか思いとか、現状などを私がインタビュー形式で聞き、「この指とまれ」でまさに仲間を増やしてきたベアレンのスタッフをご紹介できればと思っています。
         
        そのトップバッターは、製造部の佐藤友彦君です。


         

        入社4年、ベアレンに入りたいという彼は募集していないのに直談判してきた、強い意志の持ち主ですが、実際には心の底からこんないいやつ見たことない、と思うほどのナイスガイです。(反面、おっちょこちょいな部分も多々あります)
         
        彼にまずはベアレンに興味を持った経緯から聞きました。
         
        嶌田「ベアレンに興味を持ったきっかけは?」
         
        友彦「お酒には興味あったんですが、地ビールはそうでもなかったんです。そんな時、何気なく飲んだベアレンのチョコレートスタウトが無茶苦茶うまくて、それ以来、ベアレンのファンになりました。」


         

        嶌田「もともとお酒には興味あったんだよね。そのきっかけは?」
         
        友彦「縁があって、学生時代にホテルのバーで働くことがあって。もともと好きだったんですけど、いろんなお酒を知りたくて。カクテルとか自分で作ってましたよ。」
         
        嶌田「なんで、お酒関係の会社に就職しようと思わなかったの?」
         
        友彦「うまくいかなかったところもありますが・・・飲食店とか、夜の仕事に抵抗もあったりして。就職決まって、岩手に帰ろうと思った折にベアレンを知って・・・それからずいぶんと悶々としましたよ」
         
        この先、友彦のベアレンをもっと知る機会から、ベアレンに就職することを目指すまで、そして今感じていることを連載します。


        =============================
         
        *WEBマガジン*
        <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
         
        <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
         
        子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
        広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
         
        月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
        火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
        水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
        木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
        金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
         
        岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
        を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
        http://iwatebeer-de-happy.com/
         

        【最終回】ニモクビール会は永遠です!

        • 2014.03.25 Tuesday   11:06
        0
          ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
           
          火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマに、ベアレンが初めてあげた指、ビール会についてお話ししてきましたが、今回でいったんまとめたいと思います。
          前回はこちら
           
          ビール会を発足させた元々の狙いは、ベアレンが提案しようとしている世界中に様々あるビールの楽しさを知ってもらいたい、ということからでした。


           
          〔第一回開催の案内チラシ、これから始まるビール会に販売終了になったビールを特集しました。〕

          それはベアレンが「ビールのことをよく知っている人」を主な購買層として想定せず、ビールのことを全く知らない人たちにも、生活の中でちょっとしたぜいたくを感じてもらえる、様々なビールの楽しみを知ってもらいたい、そう願ったからでした。
           
          2002年2月14日の会発足から丸12年、143回。その願いはかなったでしょうか。


           
          〔第一回ニモクビール会の様子〕

          この12年で参加者はのべ7000人にも達し、盛岡の方々にビールの楽しさを知ってもらえる一助になってきたのではないかと感じます。様々な仕組みを考えてきましたが、そもそも参加してくれる人がいなければそれらは絵に描いた餅です。のべ7000人の方々に支えられた12年を実感します。


           
          〔第一回のビール。今ではそろわないビールばかりです・・・〕

          今では参加者の方々から私たちが教えてもらうことが多いほど。新製品の出来にはビール会でのご意見に一喜一憂します。またいろいろなアイディアをいただいたり、ご提案をいただいたりとベアレンのブレーン的にも大切な場になっています。

           
          「ね、世界中にはいろんなビールがあって、それを飲み比べるのって楽しいでしょ?」
           
          そんな「この指とまれ」をこれからも続けていきたいと思っています。


          =============================
           
          *WEBマガジン*
          <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
           
          <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
           
          子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
          広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
           
          月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
          火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
          水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
          木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
          金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
           
          岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
          を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
          http://iwatebeer-de-happy.com/

          ビールしか飲まない、でもたくさん飲める仕掛け。

          • 2014.03.18 Tuesday   12:08
          0
            ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
             
            火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマに、ベアレンが初めてあげた指、ビール会についてお話ししています。
            前回はこちら
             
            元々、ベアレンが訴えたい「世界中にあるビールの面白さ」を知っていただく場として始めたこのビール会。当初は「本当にビールしか出ないの?」「途中からワインとか出てくるんでしょ?」などとよく言われたものですが、それだけ日本においてビールは、乾杯のビール、最初のお酒と言うイメージが強いのだと思います。


             
            〔ある日のビール会。最初は軽い味わいのケルシュから。〕

            一般的に飲み会で最初から最後までずーっとビール、と言う人はまれではないでしょうか。
             
            そう言う人はよほどのビール好きか、ビール会社の人と思われるかと思いますが、当然のことながらビール会ではビールしか出ません。


             
            〔次に褐色でややコクのあるアルトを〕

            これには仕掛けがあります。さすがに同じ味わいのビールばかりでは飽きを感じる人もいるでしょう。しかし、ビール会では通常5〜6種類のビールを並べて飲みます。この並べ方にコツがあります。

             
            基本はアルコールの低いビール⇒アルコールの高いビール、味わいの薄い(すっきりした)ビール⇒味わいの濃い(コクのある)ビールという流れで組み立てます。すると飲めちゃうものなんですね。


             
            〔締めはコクのあるボックビールを。何月のビール会かわかった人は通です。〕

            だいたい2時間から2時間半の会で、平均1.3リットルくらいのビールをご用意しますが、ほぼ残されずに飲んで行かれます。これもビールマジックでしょうか、始めて参加された方から「ビールをこんなに飲んだのは初めてです」と言われることがよくあります。

             
            ビールはおそらく、味わいのバリエーションが一番広いお酒と思います。そのたった1種類しか飲んでいない日本人はもったいないですよね。ビール会ではそんなビールの世界の奥深さをこれからも紹介していきたいと思っています。


            =============================
             
            *WEBマガジン*
            <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
             
            <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
             
            子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
            広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
             
            月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
            火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
            水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
            木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
            金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
             
            岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
            を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
            http://iwatebeer-de-happy.com/


            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << November 2017 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            RECENT COMMENT

            • イギリスのビールは本当にぬるいです。
              こだれでら
            • コラボ商品が成功した時のメリットは。
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
              大信田昌宏
            • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
              大信田昌宏
            • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
              大信田昌宏
            • 特別編・ベアレンの311
              大信田昌宏
            • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
              大信田昌宏
            • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
              大信田昌宏
            • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
              大信田昌宏

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            LINKS

            banner_200x60.gif

            OTHERS