ベアレンが必要とされるシーンを模索する。

  • 2014.01.16 Thursday   10:32
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    前回はこちら
    「場」作りが木曜日のテーマですが、これは言葉の通り「場所」ばかりのことではありません。
     
    話題性、お土産品としてのブームが去った地ビールはまさに世の中に「不要」の存在だったと思います。少なくとも、多くの一般の人たちにとっては。


    初仕込ビール 
    〔ベアレンの最初のビール〕

    いろんなビールの世界を知ってもらいたい。そんな思いだけでビール会社を立ち上げた私たち。自分たちの思いばかりで、それが飲む人の何の役に立つのか、どこでどう飲んでほしいのか、そんなものが抜けていたように思います。

     
    場作り、とは私たちのビールの必要とされるシーンの模索なのだと思います。だれの、いつ、どんなシーンで何の役に立つのか・・・
     
    そのシーンの模索の中で常に考えてきたことがあります。それは「自分だったらどうしたいか」ということです。
     
    そもそもベアレン自体、ワインや清酒、焼酎やウイスキーあらゆるお酒に選択の楽しみがあるのに、ビールだけないのはおかしい!こんな自分の思いが一番の原動力で創業したビールです。そんなビールが一番ほしかったのが自分たちだったのです。
     
    そんなベアレンのシーンの模索、一番初めに扉が開かれたのは、ギフト市場でした。


    ギフト 
    〔初期のころのギフト画像〕

    ベアレンのビールが世に出たのは2003年5月。最初の話題性も6月には収束。とにかく観光地でなく東京でもなく、地元の酒屋で売ると決めていた私たちは、自然とその時期に活況を見せるお中元コーナーに目が行ったのです。

     
    そこで私たちに火をつけたのは、ライバルの存在でした。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/
     
     

    人気商品の生まれる“きっかけ”は。

    • 2014.01.15 Wednesday   10:11
    0
      ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
       
      水曜日はベアレンの商品づくりについてお話ししますが、私は醸造家ではないのでビールの醸造のお話しはできません。マーケティングの観点からのお話しです。
      前回のお話しはこちらより。
       
      さて、今月発売になりましたチョコレートスタウト。
       
      名前からして何ともそそられるビールですが、ベアレンで2005年から発売する人気のビールです。


      チョコレートスタウト 
      〔2005年、発売当初のチョコレートスタウト。今はラベルが新しくなっています。〕

      2003年、ようやくビールを発売した私たち。発売当初は盛岡で初の地ビールと言うこともあり、話題になりますがお盆を過ぎたあたりから売り上げは急降下。何とかもがくものの、年が明けてからはもう本当に苦しかったですね。

       
      2004年の1月、2月は本当にビールが売れなくて、ひと月の売上が今の少し売れる日の一日の売上くらいしかありませんでした。社長と私、自分たちの給料を削ってしのぎました。
       
      そんな中、ふとマイスターのイヴォが言っていたことを思い出したのです。
       
      イヴォとは創業当時、ベアレンのビールを造ってくれていたブラウマイスターです。彼とはたびたび彼の所有のビールを飲みながら、いろんなビールのことを教わりました。


      イヴォ 
      〔よく3人で話をしていたのに、あまり写真撮らなかった。貴重な一枚。背中が私。〕

      「チョコレートスタウトという濃厚な黒ビールなんて面白いんじゃないか?」

       
      「そんなビールあるの?そのビール、バレンタインデーに売ったら面白いんじゃない!!」
       
      新たな道は知識から。学ぶこと、の大切さを大事にし、ビールのプロフェッショナルであることを目指すベアレンの一歩がこのビールだったのかもしれません。


      =============================
       
      *WEBマガジン*
      <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
       
      <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
       
      子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
      広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
       
      月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
      火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
      水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
      木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
      金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
       
      岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
      を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
      http://iwatebeer-de-happy.com/
       

      ビール会を続けていくコツ、その1。

      • 2014.01.14 Tuesday   10:08
      0
        ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
         
        この指とまれ、の最初の指「ビール会」を立ち上げた私たち。
        前回のお話しはこちら
         
        会の名称は「ニモクビール会」と言います。


        ニモク会 
        〔2003年7月の会にて〕

        お酒はとかく会だのサークルだのの集まりが多いですよね。ワインや清酒の好きな方なら、なにかしらのグループに入って、定期的に仲間とお酒を愉しんでいる人も多いのではないでしょうか。

         
        私もそうでした。前職の際にはそれがあまりに多くなってしまい、月に10日ほどもそれで費やされてしまうほど。けれど、そんな日々がこのビール会設立にはずいぶんと生かされました。
         
        ところで、みなさん、大なり小なり飲み会の幹事をした経験があると思いますが、その際に苦労することってなんでしょう?
         
        日程決め、場所決め、メンバー集め、出欠確認、お店への予約・・・結構大変です。さらにさまざまなビールを楽しむ会ですから、毎回、テーマを決めてそれに沿ったビールを集める、という作業も必要になります。
         
        これは大変です。
         
        そこで、こういう会でのお勧めは、日時と場所を固定してしまうことです。


        説明書き 
        〔毎月参加者に配る説明書き。日時と場所だけは次回も決まっている。〕

        この会の名称は「ニモクビール会」ですが、これは毎月第二木曜日に開催しているのでこう呼びます。私が参加していたワインの会がこの方式で決めていたのに倣いました。これで日時は固定されます。

         
        先週、第141回ニモクビール会でしたが、今でも毎月第二木曜日の19:30スタートは変わっていません。自称、日本一のビール会の裏話、来週も続きます。


        =============================
         
        *WEBマガジン*
        <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
         
        <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
         
        子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
        広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
         
        月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
        火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
        水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
        木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
        金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
         
        岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
        を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
        http://iwatebeer-de-happy.com/

        ベアレンの売上予算の考え方。

        • 2014.01.13 Monday   10:00
        0
          ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
           
          月曜日のテーマ「遊びにもきちんとルールを設ける」。最初は「売上予算」についてご紹介したいと思います。
          前回はこちら
           
          営業にとって売上予算は必ず付きまとうものですよね。私は逆に目標のない営業って、スコアをつけない野球のようなもので、なんか面白くないように思います。
           
          ベアレンの事務所の壁には売上実績表を日々更新するボードがかかって います。いわばスコアボードです。敵は予算、味方は売上です。日々、営業スタッフで「勝ちそう!」「負けそう!」なんて楽しんでみています。


          実績表 
          〔お見せしても構わないんですが、やっぱりちょっといろいろ不都合あるかなと・・・〕

          楽しむ。というところがベアレンのルールです。みんなが、目標に対して一生懸命がんばる、目標を達成できなければ「なぜ?」を考えて次にがんばる。

           
          私は予算が行かなくてスタッフを叱ったことはありません。昨年末も予算に大きく届かず、けれど倉庫はすっからかん・・・あれ??なんてスタッフと苦笑いして年を越しました。


          ルールブック 
          〔ベアレンのルールの1ページ、仕事を楽しむとあります。〕

          でね、経営者は影で悩めばいいと思うんです。スタッフにも聞きます
          が、みんなもう次の目標がありますからね、立ち止まって考えていられません。必然的に私の仕事ということになります。
           
          どこを間違ったんだろう・・・そして、これかなと思ったらスタッフと 一緒に改善していきます。
           
          ようやく目標を達成したと思ったら、翌月に目標はクリアされ、また一から新たな目標に取り組まなくてはならない、そんな無限地獄に営業をたとえる人がいますが、毎月新しいゲームが始まるベアレンはそんな苦悩とは無縁の世界です!


          =============================
           
          *WEBマガジン*
          <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
           
          <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
           
          子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
          広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
           
          月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
          火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
          水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
          木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
          金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
           
          岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
          を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
          http://iwatebeer-de-happy.com/

          そして、作り上げる。がベアレンの心意気。

          • 2014.01.10 Friday   10:04
          0
            ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
             
            金曜日のテーマは、 「前と同じことは繰り返さないこと」です。
             
            これも本当にベアレンでは毎日のようにみんなが使う言葉で、どんな大成功だと思った企画でも、次回は必ず修正が行われます。常に企画のスタートは前回の反省からです。

            作り上げる 
            〔ビジョンの2番目にも、そして作り上げよう。の文章〕

            それがいいとか悪いとかいう前に、私が同じことを繰り返すのが嫌い。まあ、子供みたいですね。

             
            ベアレンは実にイベントの多い会社です。プロジェクトもいろいろあります。みんな自分の担当に加えて1つや2つ別の仕事を抱えています。昨日のテーマの「場」を作るというところに関連していて、日々の仕事をしながら新たな「場作り」の仕事もしなくてはいけない、というわけです。
             
            もう一つ。お酒の営業の仕事は日々、絶え間なく連続しています。その日々の連続は大切なものですが、それだけだとマンネリ感に陥りやすい。私はそうです。
             
            そんな日々に仕事の期間が区切られるイベントやプロジェクトはよい刺激になります。たまには達成感が仕事には必要だと思うのです。

            プロジェクトメンバー 
            〔10周年プロジェクトメンバー。昨年はこの4人で県内全市町村イベントに駆けずり回りました。〕

            でも、やればいいってもんじゃない。それぞれに目的や狙いや願いがあって取り組むのですが、やるだけならだれでもできます。それをより良いものに作り上げていく、そのこだわりが大切だと思っています。

             
            このコーナーではベアレンのイベントやプロジェクトの改善を繰り返した歴史を振り返り、その軌跡をたどることで見える何かを探してみたいと思います。


            =============================
             
            *WEBマガジン*
            <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
             
            <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
             
            子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
            広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
             
            月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
            火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
            水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
            木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
            金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
             
            岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
            を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
            http://iwatebeer-de-happy.com/
             
             


            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << June 2018 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            RECENT COMMENT

            • イギリスのビールは本当にぬるいです。
              こだれでら
            • コラボ商品が成功した時のメリットは。
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
              大信田昌宏
            • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
              大信田昌宏
            • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
              大信田昌宏
            • 特別編・ベアレンの311
              大信田昌宏
            • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
              大信田昌宏
            • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
              大信田昌宏
            • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
              大信田昌宏

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            LINKS

            banner_200x60.gif

            OTHERS