142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・

  • 2014.03.04 Tuesday   11:01
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマに、ニモクビール会のお話しをさせてもらっています。今日は最も苦労しているテーマの設定について。
    前回はこちら
     
    場所、日時、常連さんの出欠の簡素化などを進めて、長く続けていく形を作ったニモクビール会ですが、さすがに毎回のテーマまで固定と言う訳には行きません。
     
    先月の会で142回を数えるニモクビール会。もちろん、同じリストで開催したことはありません。
     
    全体の大きなテーマは「ベアレンのビールと世界のビールを楽しむ会」ですので、基本的にはベアレンのその月の新製品とそれに合わせた本場のビールを楽しむというのが基本です。



    〔同じビールのヴィンテージ違い、というテーマも過去には。。。〕
     
    今月ですと、ライ麦ビール、ラオホビール(燻製ビール)という南ドイツのスタイルのビールが発売になりますので、それに合わせて南ドイツのビールを特集しよう、ということになります。ちょうど、先月、全スタッフで南ドイツへ研修旅行に行ってきたばかりなのでタイムリーなテーマでもあります。
     
    けれど、そんなにすっきりテーマが決まることばかりではなく、頭を悩ませることもたびたびです。テーマが決まってもそれにあったビールが手に入らないということも、何度もありました。そんな時に助けてくれるのがネタを提供してくれる酒販店やインポーターの存在です。


     
    〔10月は毎年、恒例のオクトーバーフェストビール。けれど、アイテムは毎年違います。〕

    12年もの間、珍しいビールを毎月毎月、しかもニモクだけではなく他の4つのビール会でも探し続けているのですから、それなりの情報収集力があると思います。それがビール会の開催だけでなくベアレンの開発力の源になっていることは想像に難くありません。
     
    日本に入ってくるヨーロッパのビール情報が、北日本の小都市に集まってくるというのは興味深い現象ではないでしょうか。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/

    ニモク以外のビール会について。

    • 2014.02.25 Tuesday   08:00
    0
      ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
       
      火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマに、ニモクビール会のお話しをさせてもらっていますが、そこから現在ではベアレンがかかわっているビール会だけでも月に5つの会が定期的に開催されようになりました。
      前回はこちら
       
      そのうちの一つ、「菜園ビール倶楽部」は盛岡市菜園にある飲食店「クッチーナ」さんで主催されているビール会です。

       

      このビール会もニモク同様に、ベアレンのビールとさまざまな輸入ビールを楽しむ、というところは同じですが、店主の今野さんが毎回、様々な企画を考えられて楽しい会です。
       
      たとえば1月の会ではみんなで書き初めをします。11月はハロウィンにちなんで参加者全員が仮装で参加しますし、1年後の自分に手紙を書いてタイムカプセルを作る、なんていうこともしています。


       
      〔ハロウィンの月。私がどこにいるか探さなくていいですよ。〕



      〔1月の書き初めの会。この月に辞めるバイトの子にサプライズの書をみんなで。〕

      ビール会としては珍しく(?)女性の方が多い会で、毎回、とても盛り上がる楽しい会です。ついついビールから目が離れて盛り上がってしまいがちなので、ブレーキかけるところも必要なほど・・・

       
      ビール会は会の数だけ、表情があります。いろんな会に参加される方もいらっしゃいますが、この会に行けばこの人たちに会える、あの会ならどの人・・・といった具合に、うまい具合にカラーが出るものです。
       
      ベアレンのお客さま層の広まりに一役買ってもらっていることは言うまでもなく、ビールへの関心を広めることにも大きな役割を担っている場だと思います。そのおかげかどうか、盛岡市は一家計当たりのビール消費量、金額とも日本一の街なのです!※
       
      ※総務省統計局のデータによります。


      =============================
       
      *WEBマガジン*
      <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
       
      <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
       
      子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
      広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
       
      月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
      火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
      水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
      木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
      金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
       
      岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
      を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
      http://iwatebeer-de-happy.com/
       

      ニモクビール会の現場をリポートします。

      • 2014.02.18 Tuesday   10:50
      0
        ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
         
        火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマに、ベアレンが初めて立てた指、ニモクビール会についてお話ししています。
        前回はこちら
         
        今回は、先週行われた今のニモクビール会をリポートします。


         

        まず、最初に社長の木村の挨拶から、次に私がビールの説明、これはずっと変わらぬスタイルです。ビールの説明書き、料理メニューとも毎回、しっかり作成しています。


         

        テーマ設定は、ベアレンの新製品に合わせて、同じようなスタイルの海外のビールを飲み比べする、というのが基本です。本来のコンセプトが世界中のビールを知って、ベアレンのビールをもっと楽しもう、でしたので。
         
        他には季節感にあわせたもの。「夏だから量重視」とか「オクトーバーフェスト特集」など。振り返ると142回もよくテーマを考えてきたなあと思います。
         
        今回のビールで変わり種をご紹介します。ベアレンの新製品「ビター」は英国のスタイルですので、それに合わせ、最近話題のアイアンメイデンのヴォーカリストがプロデュースしたエールを。ラベルの割にしっかりした味わいでした。


         

        もう一つの新製品「ゴールデンストロングエール」はアルコール9%で、これに合わせるビールも高アルコールで皆さんけっこう酔ったようです。今日は全部で6種類のビールを楽しみました。
         
        そして恒例として最後はチーズが必ず出ます。チーズと言えばワイン、というイメージが強いかと思いますが、ビールの方がチーズに合わせやすいと思います。毎回、ビールとチーズを合わせて、新発見を楽しんでいます。


         

        ニモクビール会はどなたでも参加できる気軽な会です。次回は3月は13日、ご興味がある方はこちらのページをご参照ください。


        =============================
         
        *WEBマガジン*
        <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
         
        <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
         
        子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
        広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
         
        月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
        火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
        水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
        木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
        金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
         
        岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
        を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
        http://iwatebeer-de-happy.com/
         

        ニモクビール会、142回皆勤のただ一人とは?

        • 2014.02.11 Tuesday   10:54
        0
          ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
           
          火曜日は「この指とまれ、で仲間を増やす」をテーマに、ベアレンが初めて立てた指、ニモクビール会についてお話ししています。
          前回はこちら
           
          今週13日の開催で142回目を迎えるニモクビール会、ただ一人の皆勤の人がいます。
           
          私ではないです。司も私も仕事の都合で2,3回休んでいます。お客さまでも2,3回しか休んだことがないという人は何人かいらっしゃるんですが、残念ながら皆勤はいません。
           
          ただ一人の皆勤、それは社長の木村です。


           
          〔皆勤賞をお客様に祝ってもらう木村。手にはプレゼントのカップ。〕

          それだけ、私たちスタッフもこの場を大切にしてきたということが表れていると思います。

           
          今でこそ、月に5回も様々な会がありますので、スタッフ全員が参加してと言うことはありませんが、どちらかにスタッフは必ず参加します。
           
          私たちはこの場が、共感の創出の場として大切に考えているからです。私たちがいいでしょ、一緒に楽しみましょう、と言った場に集まってくれる方々と一緒に過ごす。「ああやっぱりいいね」と共感の輪が広がる、時にはご意見もいただける、そんな場がとても大切だと考えています。


           
          〔ニモク10周年記念の様子〕

          同じ職場の人でもなければ、必ず毎月一回、一緒にお酒の席を共にする人ってかなり深いお付き合いなんじゃないかな、と思います。それを10年以上も続けて来て、作り上げてきている共感の輪がベアレンの最も大切なベースになっているのだと思います。

           
          次週は今週のニモクビール会の現場より、どんな雰囲気なのかレポートしたいと思います。


          =============================
           
          *WEBマガジン*
          <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
           
          <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
           
          子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
          広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
           
          月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
          火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
          水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
          木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
          金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
           
          岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
          を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
          http://iwatebeer-de-happy.com/
           

          過去、最も参加者の多かったビール会

          • 2014.02.04 Tuesday   10:05
          0
            ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
             
            前回はこちら
             
            今月で142回を迎えるニモクビール会。過去に最も人数が集まった会は、2003年4月26日のベアレンの初仕込みビールを飲む会でした。参加人数は110人。当時、ニモクビール会が始まって1年以上が経ちコンスタントに60名以上集まる会でしたが、110人も集まった時は驚きでした。


             

            ベアレンのビールができたのは一般的には、2003年5月と話していますが、実はその1か月前、樽のみでコローニアと言うビールを発売していました。
             
            コローニアとはドイツのケルンで飲まれているケルシュと言うスタイルのビールですが、この名前は原産地呼称が保護されているので、ベアレンではコローニアと言う名前で毎年の周年ビールとして今でも造っています。


             

            この日のビールのうまさは忘れることができません。私たちにとってもしっかり飲む初めての機会でしたから、格別の思いでした。
             
            しかし、そんな感慨にふけっているまもなく私たちを驚かせる事態が・・・
             
            この日、ビールは飲み放題だったのですが、ベアレンのビールはコローニアしかありません。ですので、ひたすら1種類を飲んでもらったのですが、なんと400リットル以上のビールが空いてびっくり!


             

            一人4リットル近くですよ・・・それだけ美味しいと言って飲んでいただけたのかと思い、さらにうれしい夜でした。
             
            当日の参加者名簿を見ると、ほとんどの人が今でもベアレンのビールを愛飲してくれているファンの方ばかり。長年のご愛顧に心より感謝の気持ちでいっぱいです。


            =============================
             
            *WEBマガジン*
            <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
             
            <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
             
            子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
            広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
             
            月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
            火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
            水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
            木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
            金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
             
            岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
            を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
            http://iwatebeer-de-happy.com/
             


            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            RECENT COMMENT

            • イギリスのビールは本当にぬるいです。
              こだれでら
            • コラボ商品が成功した時のメリットは。
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
              大信田昌宏
            • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
              大信田昌宏
            • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
              大信田昌宏
            • 特別編・ベアレンの311
              大信田昌宏
            • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
              大信田昌宏
            • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
              大信田昌宏
            • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
              大信田昌宏

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            LINKS

            banner_200x60.gif

            OTHERS