数量が決められた中で、父の日ギフトを考える。

  • 2014.05.29 Thursday   12:04
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    木曜日はベアレンの「場づくり」のお話し。タンク破裂事故により事業の大規模な転換をしたベアレン。その後の父の日ギフトのお話しをします。
    前回はこちら
     
    タンク破裂事故の原因の一つは、創業当時に購入した古いタンクの老朽化にあったと考え、当時あったタンクの大半を廃棄処分にしました。ビールは製造工程で長期間の熟成を必要としますので、その工程に使うタンクがなくなることは大幅な減産を意味します。


     
    〔すべてのタンクの強度検査をし直しました。〕

    おおよそ2か月の休業を経て、営業を再開しましたがその年は満足な営業をすることができませんでした。けれど、大変ありがたいことに営業再開後、多くのお客様に応援をいただき、やがて減産による供給不足に悩まされることになりました。
     
    そんな中、父の日ギフトも決められた数量で販売をしていかなくてはならず、内容の精査を進めることにしました。
     
    父の日ギフトですから、お父さんにあげるプレゼントなのですが、多くの方にとってお父さんは一人ではありません。一人の女性の方が、実の父、ご主人のお父さん、おじいちゃん、そしてご主人と4人ものお父さんにビールを贈る注文も見られました。
     
    中でも注目したのは奥さまがご主人に差し上げるプレゼントです。差出人名をお子様の名前にしてほしいなどのリクエストをいただく中で、父の日の家庭でビールが飲まれているシーンが浮かんできたのです。


     

    自宅届けにして、父の日までプレゼントを隠しておき、父の日の夕食の席で子供にそれを持たせ、お父さんに渡すのです。「お父さん、いつもありがという。」というメッセージが書かれた箱で。
    なんとベアレンらしいシーンなんだろう、私はそう感じました。

    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/

    ベアレンのすべてが変わった日。

    • 2014.05.22 Thursday   12:20
    0
      ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
       
      木曜日はベアレンの「場づくり」のお話し。父の日ギフトのお話しをしておりますが、ピークを迎えたある年、起きたベアレンの大転換点のお話しをいたします。
      前回はこちら
       
      2007年、売り上げは一つのピークを迎えた年でした。父の日の売り上げは当時の能力としては最大限に達し、楽天市場のショップオブザイヤーを受賞しましたが、いろんな意味で無理が重なって来ていたのだと思います。
       
      2008年1月22日。ショップオブザイヤーの授賞式を終え、そのまま大阪の商談会へ、戻ってそのままラジオ番組への出演に向かう途中でした。
       
      「嶌田さん、事故です!」
       
      一本の電話ですべてががらりと変わりました。工場内で起きたタンク破裂事故により、創業から共に頑張ってきたスタッフが亡くなるという大惨事が起きたのです。
       
      その後のベアレンは、作って、売る、ということしか考えてこなかった環境を改め、職場の安全はもとよりすべてのことの見直しが始まったのです。ベアレンでは事故前、事故後という言い方をするときがありますが、これを境に会社はがらりと変わりました。そのことはこのウェブマガジンで書くことではないと思いますので、割愛します。いずれ別の機会でお話しすることがあると思います。
       
      安全の徹底のため、古いタンクはすべて廃棄し、製造能力が大幅に落ちました。売上ばかりを求めていたステージから、内容の充実へと変わっていきました。
       
      次週、父の日ギフトの話しに戻ります。事故後、内容の充実を求め、売り上げを伸ばせない父の日ギフトはどう、変わって行ったのかお伝えしたいと思います。


      =============================
       
      *WEBマガジン*
      <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
       
      <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
       
      子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
      広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
       
      月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
      火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
      水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
      木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
      金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
       
      岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
      を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
      http://iwatebeer-de-happy.com/

      父の日ギフトのピークを迎えた年。

      • 2014.05.15 Thursday   11:35
      0
        ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
         
        木曜日はベアレンの「場づくり」のお話し。毎年8000人のお父さんに送られている大ヒット商品、父の日ギフトについてお話ししています。
        前回はこちら
         
        お父さんいつもありがとう、のメッセージの入ったギフトボックスが大ヒットし、迎えた翌2007年。
         
        前年の結果に自信を持った私は、広告を大量投入、オペレーションも前年の問題点を改善して臨みました。


         

        結果は大ヒットした前年実績の2倍にも上る大ブレイクを記録しました。6月に入ってからまさに不眠不休の仕事でした。
         
        前年の実績をベースに露出とオペレーションに力を入れ、最大限の結果に結びつけた一つの結果だったと思います。ある意味、一つのゴールに達した年だったのではないかと今振り返って思います。この年、楽天市場で最も活躍した店舗に贈られるショップオブザイヤーに初めて輝きました。地方の小さな地ビール会社が創業5年でこの賞を獲得するのは快挙と言ってもいいと思います。


         

        しかし、実績としてはこの年をピークにこれ以降、昨年まで伸びていません。毎年8000人とキャッチコピーでも書きますが、この年の実績でこれ以降は横ばいが昨年まで続いています。
         
        そこには父の日だけでは語れない、ベアレンの大きな失敗がかかわっているのです。このウェブマガジンで書くかどうか悩んでいましたが、ベアレンを語る上では避けては通れない話ですので、マーケティングの話ではありませんが、次週、そのお話をさせていただきたいと思います。


        =============================
         
        *WEBマガジン*
        <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
         
        <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
         
        子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
        広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
         
        月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
        火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
        水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
        木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
        金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
         
        岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
        を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
        http://iwatebeer-de-happy.com/

        父の日メッセージ入りギフト箱の反応は。

        • 2014.05.08 Thursday   11:56
        0
          ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
           
          木曜日はベアレンの「場づくり」のお話し。毎年8000人のお父さんに送られている大ヒット商品、父の日ギフトについてお話ししています。
          前回はこちら
           
          「お父さん、いつもありがとう。」
          のメッセージの入った父の日ギフト専用箱を投入して迎えた、2006年の父の日。


           

          結果はなんと、前年比倍増の大ヒットとなりました。
           
          「父の日に地ビールを贈る」という新たな「場」が造れたのかな、と感じた瞬間でした。
           
          実際のところは感じる間もなく、受注対応に追われる日々でしたが。
           
          その年には新たな受注システムを導入し、オペレーションもかなり改善したのですがそれでも処理が全く追いつかず、深夜までかかってようやく処理し終え、仮眠程度の帰宅から翌朝、出社するとまた注文がいっぱい入っている・・・そんな日々でした。

          〔伝票の山・・・みたいな画像がほしいところでしたが、そんな写真撮っている余裕が今までありませんでした・・・〕
           
          商売をしていてこういう爆発的なヒットというのは何度か経験しましたが、正直なところ麻薬みたいなもので、快感に近い歓びを感じるものです。そんな歓びを忘れられなくて無理をして、セールをして・・・というような事例も目にしますが、わからないでもありません。やり続けないと持続できない、まさに麻薬と同じだなと思っています。
           
          苦痛としか感じないスタッフもいるかもしれませんが、こういった通常とは違う動きを体験するのも、年に一度はいいのではないかと思っています。通常と違う場面を経験した時に見える問題点もあります。依存しない程度に、刺激として感じられれば・・・(念のため、今ではこんな状態ではありません。)
           
          この成功で満足しないのがベアレンです。「場」を作る、そして「改善」を繰り返していきます。


          =============================
           
          *WEBマガジン*
          <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
           
          <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
           
          子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
          広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
           
          月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
          火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
          水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
          木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
          金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
           
          岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
          を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
          http://iwatebeer-de-happy.com/
           

          父の日ギフト、本質を考え次の一手を打つ。

          • 2014.05.01 Thursday   12:24
          0
            ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
             
            木曜日はベアレンの「場づくり」のお話し。毎年8000人のお父さんに送られている大ヒット商品、父の日ギフトについてお話ししています。
            前回はこちら


             

            父の日に名前入りギフトで大ヒットした当社ですが、すぐに次の一手を考えました。
             
            このセットの本質にあるニーズは何なのか。
             
            突然ですが、皆さま。
            お父さんに「いつもありがとう」って、言ったことありますか?
             
            これ、なかなか言いにくいですよね。普段、言ったら「俺死ぬのか?」なんて怪しんでしまうと思います。でも、子どもとするとたまには伝えたい感謝の気持ちだと思います。
             
            私は父の日の贈り物の本質は、この「お父さん、いつもありがとう。」というメッセージを伝えることだと思ったのです。言葉だけではなんなので、ものに乗せて贈る。これが父の日の親子の大事なコミュニケーションではないかなと考えました。
             
            そう考えると、グラスでなくても父の日のギフトは成り立ちます。
             
            そこで考えたのが、父の日専用のギフト箱です。
             
            箱に「お父さん、いつもありがとう。」というメッセージを刷った専用箱でビールを贈る父の日ギフトを開発しました。開発したと言っても箱を作っただけです。


             

            これでオペレーションは数段、やりやすくなりましたし、対応できる数量もぐっと増えました。
             
            あとは私の仮説がお客様にどう反応されるのか・・・
            本格参戦してからの父の日商戦2年目。その結果は次週に


            =============================
             
            *WEBマガジン*
            <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
             
            <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
             
            子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
            広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
             
            月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
            火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
            水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
            木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
            金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
             
            岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
            を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
            http://iwatebeer-de-happy.com/


            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            RECENT COMMENT

            • イギリスのビールは本当にぬるいです。
              こだれでら
            • コラボ商品が成功した時のメリットは。
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
              大信田昌宏
            • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
              大信田昌宏
            • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
              大信田昌宏
            • 特別編・ベアレンの311
              大信田昌宏
            • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
              大信田昌宏
            • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
              大信田昌宏
            • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
              大信田昌宏

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            LINKS

            banner_200x60.gif

            OTHERS