社外に持ち出すものには名前を付けています。

  • 2014.03.31 Monday   11:07
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    月曜日は「遊びにもきちんとルールを設ける」と題してベアレンのルールをご紹介しています。今日は備品の名前付けについて。
    前回はこちら
     
    ベアレンのルールブックにこうあります。
     
    愛着を持つために、社外に持ち出す可能性のあるものには固有名詞を付ける。
     
    というルールがあります。
     
    元々の発端は、樽の管理のために番号を付けようとしたのですが、ただ番号を付けるだけではもったいないので何か固有の名前を付けようということになったのが始まりです。


     

    樽は大変本数が多いです。それに一つ一つ名前を考えるのは大変ですので、樽の名前には岩手県内の地名を付けることにしました。今ではデータベースが足りなくなり、小学校の名前など付けています。
     
    何に名前を付けて、何に付けないか統一されていなかったので、社外に持ち出す可能性のあるもの、というルールを後付けで考えました。
     
    厳密にいうと、社外に持ち出す可能性のあるものと言うととても多くてすべてに名前が付けられているとは限りませんが、プロジェクター、アルコールチェッカー(車で出張の際に持ち歩く)などにも名前が付いています。


     

    そして、社用車です。一台だけ社名の入っていない車は「白子(黒子だけど車体が白いので)」、2台目の軽のバンは「DUE(イタリア語で2)」、ハイエースは「高壱(正式には豊田という苗字がある)」、そしてこの春に生に加わったプロボックスバン。


     

    今、社内公募でどんな名前にするか、みんながアイディアを出し合っています。投票で決めますが、愛着に加えて社外の方との話題作りにも一役買っているように思います。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/

    自社製品愛用の心構えの徹底。

    • 2014.03.24 Monday   11:55
    0
      ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
       
      月曜日は「遊びにもきちんとルールを設ける」と題してベアレンのルールをご紹介しています。今日は自社精神愛用の心構え、について。
      前回はこちら
       
      ベアレンのルールブックにこうあります。
       
      使うなら、自社や取引先、関係先の物を優先して選ぶ。
       
      私は個人もこれを徹底しています。結婚式も当時の勤め先の取引先でしましたし、新婚旅行も友人の代理店に、家のローンも会社の取引先へお願いしました。どうせお金を使うなら、知らない人より知人、友人にお願いするべきと思っています。
       
      貸し借りが面倒、と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、私は積極的にするべきと言う考えです。恩をいただいたら、返せるよう頑張る、それを糧にもしてきました。


       

      ベアレンスタッフも自社製品愛用の心構えは、よく浸透していると思います。写真の前掛け、初回ロットはほとんどスタッフが買い占めました。見かけた方いるかと思いますが、会社からの支給品ではありません。みんなスタッフが自腹で買ってくれています。
       
      そして期末ごとに、自社製品購入額の上位を社内表彰しています。それも少しは活性化に役立っていると思います。


       

      また酒の席が多いベアレン、直営店ばかり使わずに、社内外を問わず、パーティは取引先を使うようにしています。当然と言えば当然ですが、それもルールにしっかり定めることにより、隅々まで徹底されるようになっていくのだと思っています。
       
      ちなみに「社内宴会で幹事はビールを切らしてはいけない」ともあり、社内宴会が決まると営業担当に伝え、ビールを切らさないように仕入れてもらうことも忘れないようルール化されています。


      =============================
       
      *WEBマガジン*
      <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
       
      <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
       
      子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
      広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
       
      月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
      火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
      水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
      木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
      金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
       
      岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
      を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
      http://iwatebeer-de-happy.com/

      営業の仕事、とは。

      • 2014.03.17 Monday   13:16
      0
        ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
         
        月曜日は「遊びにもきちんとルールを設ける」と題してベアレンのルールをご紹介しています。今日は営業のルールの最後です。
        前回はこちら
         
        営業の仕事、というとどういった意味合いでとらえられるでしょうか。
         
        「営業の仕事とは何ぞや?」という問いについて、「売り上げを稼ぎ出す人」「利益を会社にもたらす人」、そう言った意見が一般的には大半ではないかと思います。しかし、ベアレンでは違った面でとらえています。



        〔ベアレンの流通担当の営業マン〕
         
        営業の心構えの最後の一行はこうあります。
         
        常に、営業の目標はベアレンのファンを作り、そのコミュニティを育むことである。
         
        私たちのビールは一度飲んでもらって終わり、では私たちは継続していけません。毎日とは言わないまでも、特別な日、贈り物をするとき、贅沢な気分を味わいたいとき、久しぶりの友人に会うとき・・・そんな時に、真っ先に思い出される存在でありたいと思っています。
         
        そんな真っ先に思い出していただけるファンを多く作ることが私たちにとって大切なことと思います。そのファンの方々とコミュニティを深めることによって、私たちも多くのことを得られると思いますし、お客さまの素敵な時間になにかしらのお手伝いができるかもしれません。
         
        そう考えると、営業と言うのは営業担当者だけの仕事ではなく、全スタッフが一丸となって、みな同じ意識で取り組んでいかなくてはならないものになります。


         
        〔ベアレン大感謝祭の集合写真。撮る人も撮られる人も分け隔てないです。〕

        ベアレンはまだまだ完璧にこれができているとは言えません。まだまだ道半ば。けれど、その行く先を見失うことなくしっかり歩んでいきたいと思っています。


        =============================
         
        *WEBマガジン*
        <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
         
        <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
         
        子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
        広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
         
        月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
        火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
        水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
        木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
        金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
         
        岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
        を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
        http://iwatebeer-de-happy.com/

        メーカー一筋の私が心から思うこと。

        • 2014.03.10 Monday   07:57
        0
          ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
           
          月曜日は「遊びにもきちんとルールを設ける」と題してベアレンのルールをご紹介しています。今日も営業のルールを紹介します。
          前回はこちら
           
          私は社会人になってまもなく25年、ずっとメーカー一筋です。作って売る、このシンプルな形が性に合っていると思います。


          嶌田洋一です! 

          そんなメーカー一筋の私がよく直面するのが製品クレームです。クレームが起きないよう万全を尽くしますが、どうしても起きるのがクレームです。そしてその前面に立つのは営業であり、社内では製造担当とそのことについて協議しなくてはなりません。
           
          特に味についてのご意見は多いです。「味がおかしい」「いつもより薄く感じる」「前飲んだ時と違う」などなど・・・前の会社からそんな時によくある社内の反応が、「食べ合わせがわるいんじゃないでしょうか」「体調によっても感じ方は変わります」・・・


           

          人はどうしても自分の非は率先して認めにくいものです。しかも作り手となれば、自分の造ったものには自信がありますから、「味」という不確かなものへのご意見にはどうしても、相手がおかしいのは??という考えに陥りがちです。
           
          「お客さまの言うことが正しいというところから常に発想する」
           
          ベアレンにはこんなルールがあります。私の経験上も、まずこれは間違いないです。お金を支払って飲んでいるお客さまの言われることの方が正しいです。心からそう思っています。
           
          例え、お客さまの体調によって味わいに影響があったとしても、そのご意見も貴重なご意見です。受け止めて真摯に対応する。そこから生まれることがたくさんあります。味わいに限りませんが、「お客様が正しい」常にそう言い聞かせることが大切だと思っています。


          =============================
           
          *WEBマガジン*
          <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
           
          <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
           
          子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
          広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
           
          月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
          火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
          水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
          木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
          金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
           
          岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
          を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
          http://iwatebeer-de-happy.com/

          嘘はつかない。当たり前のことだが難しい。

          • 2014.03.03 Monday   10:55
          0
            ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
             
            月曜日は「遊びにもきちんとルールを設ける」と題してベアレンのルールをご紹介しています。今日も営業のルールを紹介します。
            前回はこちら
             
            約束の時間に遅れそう!慌てて、約束の人に電話する。
            「5分ほど遅れてしまいそうです!」
            実際には5分で着くにはかなりタイトな時間、結局約束の場所についたのは10分後・・・
             
            こんな経験、だれにでもないでしょうか?
             
            早く行きたい、遅れて申し訳ないから、なるべく早い時間を伝えたい、そんな心境、よくわかります。けれど5分で来ると思って待つ10分と15分待たされると思ったのに10分で来るのとどちらが待たされる者の心境としては良いでしょう?
             
            私は断然、後者だと思うのです。気持ちはわかりますが、遅れた上に5分で来ると思ったらさらに5分遅れて来ると、相手のストレスもより高まってくることと思います。


             

            「嘘をついて売らない。できないことはできないと言う。」
             
            ベアレンの営業のルールの一つです。
             
            せっかくご注文をいただいたが完売しているビールで在庫がない。でも、断るのは忍びない。そこで、あるかもしれないような返事をしてしまう。けれどやはり在庫はないのでお断りする・・・




            期待値をコントールすることは営業にとって、とても重要なことと思います。特にマイナスの時は注意しなくてはいけません。ディテールの部分が大事ではあるんですが、まずは誠意をもって飾らず正しく真摯に対応する。営業にとってとても重要なポイントだと思うのです。

            =============================
             
            *WEBマガジン*
            <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
             
            <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
             
            子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
            広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
             
            月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
            火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
            水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
            木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
            金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
             
            岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
            を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
            http://iwatebeer-de-happy.com/
             


            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            RECENT COMMENT

            • イギリスのビールは本当にぬるいです。
              こだれでら
            • コラボ商品が成功した時のメリットは。
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
              大信田昌宏
            • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
              大信田昌宏
            • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
              大信田昌宏
            • 特別編・ベアレンの311
              大信田昌宏
            • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
              大信田昌宏
            • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
              大信田昌宏
            • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
              大信田昌宏

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            LINKS

            banner_200x60.gif

            OTHERS