コラボ商品が成功した時のメリットは。

  • 2014.05.21 Wednesday   12:05
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    水曜日は「いいでしょこれ!と自慢する」をテーマにベアレンの商品作りを紹介しています。ベアレン初のコラボビール「ハナビール」についてご紹介しています。
    前回はこちら
     
    コラボ商品、PB商品の開発、成功にはそれに至る意義や意味、それとかかわる人たちの熱意が大事だとご紹介してきました。この上で、これらと商品自体にしっかりと筋が通っていれば、かなり成功する確率は高まってくると思います。


     

    今回の場合では、岩手県の企業として、被災地支援につながるLIGHT UP NIPPONの活動を支援する取組みがしたい。という意義のもと、花火を上げる活動とビールがイメージ的にもマッチしたと言えると思います。これがあまりに東北や花火とかけ離れた商品だった場合、多くの方へ伝わるかどうか疑問に感じます。
     
    そして、コラボ商品ができればメリットもあります。


     
    〔代表高田さんのやっている赤坂の月々でもハナビールが飲めます!〕

    LIGHT UP NIPPONさんとしては、ビールという商材を手に入れたということがあるでしょう。
    私たちとしても、この夏、全国で80店以上を展開する英国パブのHUBさんで取り扱いが決まっているほか、ローソンさんでも販売されます。これは私たちだけの力ではできないことです。LIGHT UP NIPPONさんとコラボすることで私たちも新たなステージでの販売が可能になりました。首都圏を中心に多くの新たなお店でも取り扱いが始まりました。ベアレンのビールを知っていただく場面が多くなったのは大きなメリットです。
     
    お互いに多くのメリットを共有できるのは、コラボ商品の大きな成果の一つだと思います。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/

    LIGHT UP NIPPONのみなさんのこと。

    • 2014.05.14 Wednesday   11:09
    0
      ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
       
      水曜日は「いいでしょこれ!と自慢する」をテーマにベアレンの商品作りを紹介しています。ベアレン初のコラボビール「ハナビール」についてご紹介しています。
      前回はこちら
       
      LIGHT UP NIPPONの皆さんの熱意を感じてコラボビールを企画した当社ですが、今回はこのLIGHT UP NIPPONについて、私の視点から説明したいと思います。


       

      LIGHT UP NIPPONの方々は毎年一回、8月11日に被災地10数カ所で花火を上げている団体ですが、ただ花火を上げているだけではありません。それが根幹の取り組みですが、それ以外にも各地と密着して付き合い、現地の食を紹介したり当社のようにコラボ商品を作ったりと、まさに東北の被災三県に光を当てる活動をしているみなさんです。

       


      私も東京へ行った際や、彼らが岩手に来た際にご一緒させていただく機会が多いのですが、フットワークは軽いし、バイタリティあふれる面々で刺激を受け続けています。もちろん、みなさんご自身の仕事をそれぞれ持ちながら休日などを利用して、この取り組みをしているのですが、果たして共感したからと言って私にこれだけの活動ができるか自信ないですね。
       
      コラボ商品を一緒に作っていくにあたって、その商品の売上以外でもたくさんのことが得られています。上記のように刺激をもらっているのもそうですし、今年はラベルのリニューアルを行ったんですが、私自身ではけっして思いつかない方向性でベアレンの新たな道が開けたようにも感じます。
       
      私たちも寄付金以外にもお互い刺激を与えられ続けられるように頑張らないと。そんな風に感じられる、仲間の皆さんなのです。


      =============================
       
      *WEBマガジン*
      <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
       
      <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
       
      子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
      広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
       
      月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
      火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
      水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
      木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
      金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
       
      岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
      を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
      http://iwatebeer-de-happy.com/
       

      コラボ商品を成功させるために一番大事なこと。

      • 2014.05.07 Wednesday   11:21
      0
        ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
         
        水曜日は「いいでしょこれ!と自慢する」をテーマにベアレンの商品作りを紹介しています。ベアレン初のコラボビール「ハナビール」についてご紹介しています。
        前回はこちら


         
        〔現在発売中のハナビール・プレミアム〕

        前回、コラボビールが成功するにはその商品を発売する意義や意味が大切だという話をしました。
         
        かかわった人に聞くと、それはみなさん「ある」とおっしゃると思います。
         
        前職からコラボ商品開発の経験の多い私が見た、その意義の一番はおそらく「地域の特産品をPRするため、拡販するため」といったものです。しかし、これだけの意義では弱いです。まず成功しません。
         
        一つには無理がある商品が多いです。具体的にあげると問題あるので避けますが、なんでこの素材でこれを作るかなあ〜と首をひねるものが多いです。あと、ありきたりの物、果物だったらジャムとかワインとか。とりあえず作るか、そう言った感じのするものが多いです。
         
        そのことの問題点は、かかわった人の熱意に影響するということです。
         
        一番大事なのは、その意義や意味を共有して、かかわった人たちがみんなでこの商品を成功さるんだ、という熱意を持つことだと思うのです。その熱意を生むのが共感できる意義だったり、かかわった人だったりすると思うのです。


         
        〔ベアレンがかかわった最初の年の8月11日、花火会場にて。〕

        ハナビールはそんな熱意にあふれていると思います。
        だからこそ、初年度は急の話にも関わらず8000本が早期に完売、二年目には3万本弱、そして今年度は4万本を予定する大ヒット商品になりました。
         
        次回はその熱意の源にスポットを当ててみたいと思います。


        =============================
         
        *WEBマガジン*
        <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
         
        <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
         
        子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
        広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
         
        月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
        火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
        水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
        木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
        金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
         
        岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
        を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
        http://iwatebeer-de-happy.com/

         

        コラボ商品を作る際に大切にしていること。

        • 2014.04.30 Wednesday   10:54
        0
          ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
           
          水曜日は「いいでしょこれ!と自慢する」をテーマにベアレンの商品作りを紹介しています。ベアレン初のコラボビール「ハナビール」についてご紹介しています。
          前回はこちら
           
          タイミングよく、東京でLIGHT UP NIPPONの担当者と会った私。
           
          前にも書きましたが、ベアレンの方針としてOEM(委託生産)やPB(プライベートブランド)はやらないと決めていたのですが、この話だけは最初からやりたいと思っていました。
           
          なぜか。
           
          震災から1年。ベアレンとしても1年目は様々なことをしてきました。募金、炊き出し、義援金付き商品の発売やイベントへの参加など・・・けれど、被災地に対して必要なことのステージが変わってきているのではないかな、単発的ではない継続性のある取り組みが必要なのではないかなと感じ始めた時期でもありました。


           

          そう言った意味でもタイミングが良かったと思います。
           
          被災地で花火を上げる。直接的でないこの活動が、ビールと同じように人々に笑顔や元気を届けることができるのではないか。そんな風に考えたのです。
           
          そして、出会ったLIGHT UP NIPPONの方々の人柄も素晴らしかった。やっぱりなんだかんだ言っても、人なんだなと思います。


           

          今では三陸の山田町のご当地ラベルビール「山田町オランダ島ビール」などPBラベル的な商品も発売しています。しかし、そこにはしっかりとした意義やポリシーが必要だと思います。それが売り上げのため、ということになってしまうと長続きしないと思うのです。
           
          ベアレンの新たな商品開発の一歩になる「ハナビール」が誕生へ向け動き始めました。


          =============================
           
          *WEBマガジン*
          <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
           
          <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
           
          子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
          広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
           
          月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
          火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
          水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
          木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
          金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
           
          岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
          を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
          http://iwatebeer-de-happy.com/
           

          コラボ商品が生まれるタイミング

          • 2014.04.23 Wednesday   09:37
          0
            ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
             
            水曜日は「いいでしょこれ!と自慢する」をテーマにベアレンの商品作りを紹介しています。前回より、ベアレン初のコラボビール「ハナビール」についてご紹介しています。
            前回はこちら
             
            復興した、三陸の山田町のカキ小屋で、震災で中止になったイベントを予約開催できた2012年3月10日。私の隣にいるイベント担当者へ電話がかかってきました。

             

            そのやり取りを横で聞きながら、復興支援の方からの電話だな、と思っていたところ。
             
            「あー、それなら今横にいますよ」
             
            と言って、電話を私に渡すのです。
             
            ??な表情をしている私に、「ビール会社さん紹介してくれって」という話。
             
            そこで、LIGHT UP NIPPONという活動のこと(ニュースで見て知っていました)、その活動を支援するビールを造りたいこと、そんな話を大変な喧騒の中、耳を押さえて聞いていました。
             
            「東京へ来る機会ないですか?」

             

            と聞かれて、その翌週からタカシマヤ本店で開催される物産展に行く予定を伝えると、ではその期間中に行きますので!と話はとんとん拍子に進んだのです。
            しかも、私が東京へ行くのは震災後、それが初めてだったのにです。
             
            世の中、本当にタイミングだと思います。
            どんなに素晴らしい企画でもタイミングを外せばうまくいきませんし、タイミングが合えば大抵のことはうまくいくものだと思います。まさに、この話はどんぴしゃのタイミングで私に舞い込んだのです。
             
            そして、LIGHT UP NIPPONの担当者と会うことになったのです。

            =============================
             
            *WEBマガジン*
            <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
             
            <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
             
            子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
            広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
             
            月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
            火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
            水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
            木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
            金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
             
            岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
            を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
            http://iwatebeer-de-happy.com/
             
             


            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            RECENT COMMENT

            • イギリスのビールは本当にぬるいです。
              こだれでら
            • コラボ商品が成功した時のメリットは。
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
              大信田昌宏
            • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
              大信田昌宏
            • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
              大信田昌宏
            • 特別編・ベアレンの311
              大信田昌宏
            • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
              大信田昌宏
            • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
              大信田昌宏
            • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
              大信田昌宏

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            LINKS

            banner_200x60.gif

            OTHERS