手作りの繰り返しが、結婚披露パーティを開催するまでに至った。

  • 2014.02.28 Friday   12:13
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。


    金曜日は「同じことは繰り返さない」がテーマ。ついに超巨大テントを設置するまでになったベアレンビール祭り。そのテントの利用第一号は、ビール祭り前日に行われた結婚披露宴でした。
    前回はこちら
     
    今思うと、素人の私たちが結構披露宴を会場づくりからすべてやってしまおうとは、なんとも無謀な試みだったように思います。
     
    なんでも手作りで、人任せにせず、アイディアを凝らしてやってきた自分たちだからこそ、「できる!」という気持ちを持って取り組めた結果だったと思います。


     

    結婚式を行ったのは、当社の直営レストランでも取り扱うソーセージを作る峠舘マイスターです。ドイツで修業してマイスターの資格を取ったものの、日本ではまだ右も左もわからない状態から、ずっと応援してきた彼だからこそ、私たちでやって上げたい、そんな思いだったのだと思います。
     
    しかも、彼が修業したデュッセルドルフで飲まれているアルトと言うビールのうち、彼の好きな銘柄の味わいを再現したスペシャルビールも醸造。(披露宴では飲みきれないので、翌日からのビール祭りで提供)
     
    さらに、社長の木村がドイツへ行った際に、彼の修行先のお店に行き、結婚祝いのメッセージを録画して来て披露宴でサプライズで流しました。


     

    手作りで、自分たちにできることを最大限に活用し、知恵を出し、工夫して、そしてみんなが笑顔になれる場を作る。そんなやり方こそ、ベアレン流の真骨頂ではないのかなと思います。




    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/
     

    年々巨大化する会場設営の悩み。。。

    • 2014.02.21 Friday   10:37
    0
      ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。

      金曜日は「同じことは繰り返さない」がテーマ。年々大きくなる工場ビール祭り、会場設備は年々、巨大化していきます。
      前回はこちら
       
      年々かさむ会場費。けれど、参加者も年々増えますので、会場を大きくしないわけにもいきません。


       
      〔2006年〕



      〔2008年〕


      〔2012年〕

      採算ラインは年々上がってきます。建前ではなくお客さまや地域に還元するイベントと思っていますので、儲けありきではありませんが、継続していくためにも最低限のラインは守りたいと思っています。

       
      そして昨年の春、スプリングフェストとして初めての二日間開催に踏み切りました。
      同時に提案をいただいていたドイツ製の大型テントを採用することにしました。今まで10メートル四方のジャンボテントを3つつなげて作っていたのが、1つで賄える大きさです。
       
      けれど、せっかくの最新型のテント、二日のスプリングフェストではもったいない。とかねてより工場での結婚式を希望していた、T君に話を持ちかけます。
       
      「なあ、結婚式なんだけど、この日に工場でしない?」
       
      結局、私の提案は受け入れられ、工場前に張ったテントで結婚式を行いました。


       
      〔2013年、この会場で結婚式を開催しました。〕

      しかし、結婚式となるとビール祭りのように椅子やテーブルを並べればいいという者ではありません。飾りつけからお料理まで特別に、手づくりで作り上げました。

       
      これはまさに、ベアレンが工場前でイベントを行ってきた集大成であったのではないかと思います。すべて手作り、足りない点も多々ありましたが、アットホームでいいウェディングパーティだったと思います。詳しくは次回に。


      =============================
       
      *WEBマガジン*
      <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
       
      <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
       
      子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
      広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
       
      月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
      火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
      水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
      木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
      金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
       
      岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
      を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
      http://iwatebeer-de-happy.com/
       
       

      ビール祭りで一番苦心していること・・・

      • 2014.02.14 Friday   11:06
      0
        ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。


        金曜日は「同じことは繰り返さない」をテーマに、40人から2000人のイベントに育ったベアレン工場ビール祭りの改善の繰り返しを紹介しています。
        前回はこちら
         
        ビール祭りで当初から苦心しているのが、ごみの減量化です。
         
        ベアレンのビール祭りでは、おつまみの持ち込みが慣習化し、中にはバーベキューセットを持って来られ、大勢で楽しんでおられる方々もいらっしゃいます。またそれもベアレンビール祭りの一風景なのかなと思っていますが、残念ながらそのあとのゴミは大変な量になります。
         
        まず、自らのゴミを減らそうと、ビール祭りではジョッキと箸はご持参をお願いすることにし、プラカップや割り箸は使っていません。お忘れの方には捨てられないようなちゃんとしたものを買っていただきます。今ではマイ箸持参率は95%に達します。


         

        フードコーナーでも極力、洗えるリユース皿を使います。自らゴミを出さずに、イベント全体の雰囲気を作って行きたいと思っています。
         
        昨年からはゴミの回収会社さんと協力して、完全分別を実施しています。


         

        ゴミ箱は会場にはなく、エココーナーと呼ぶ場所にゴミを持って来てもらいますが、まとめてどさっと持ってくる人もそこで広げてプラスチック、生ごみ、ペット・・・と分別してもらいます。ずいぶんと意識づけにはなっているのではないかなと感じます。


         

        今年の反省会でもこの点はいろいろなアイディアが出ています。次回のビール祭りではどんな進化があるか、楽しみです。


        =============================
         
        *WEBマガジン*
        <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
         
        <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
         
        子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
        広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
         
        月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
        火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
        水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
        木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
        金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
         
        岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
        を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
        http://iwatebeer-de-happy.com/
         

        ビール祭りのアイディアや改善点、面白いアイディアの出る場は。

        • 2014.02.07 Friday   10:33
        0
          ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。


          金曜日は「同じことは繰り返さない」をテーマに、40名から2000名のイベントに育ったベアレン工場ビール祭りの改善の繰り返しを紹介しています。
          前回はこちら
           
          ビール祭りではさまざまなアイディアや改善点が生まれました。
           
          オリジナルジョッキを毎年つくろう。
          ゴミは完全分別にすれば、意識が高まって減量化になるのではないか。
          子供向けのアトラクションももっと考えよう。
          ビールの出すタイミングが悪かったので、改善しよう。
          トイレが足りなかったから、来年はもっと増やそう。
          ・・・


           
          〔スタッフのアイディアから生まれたごみの完全分別と前回のゴミの量を貼りだしている〕

          こんなアイディアや意見は、大抵の場合、会議では出てきません。会議はまとめて残すための物と言ってもいいかもしれません。

           
          特に面白い意見が生まれる場、それは「打ち上げ」の場です。
           
          ベアレンではビール祭りの後は必ず打ち上げを行います。今ではオクトーバーフェストは三日間開催ですが、三日間とも打ち上げします。


           
          〔かなり昔の打ち上げの様子。今ではこの部屋に入りきれないほど、スタッフやボランティアの皆さんであふれる打ち上げです〕

          みんな元気ですよね〜

           
          日中、めいいっぱいイベントで走り回って、動き回って、そのまま夜は打ち上げで遅くまで飲んで、話し合って、翌日に改善できるところは翌朝、早く来て修正してまたイベントに突入・・・
           
          なかなか会議室では意見の言えない者もお酒が入ると口が滑らかになります。ベアレンではお酒の席での取り決めは有効(この記事参照)ですので、ノリで「よしやろう!」なんてことになったことも、やらなくてはいけません。
           
          えてしてそんなところから、面白いアイディアは生まれるものだと思うのです。


          =============================
           
          *WEBマガジン*
          <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
           
          <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
           
          子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
          広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
           
          月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
          火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
          水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
          木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
          金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
           
          岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
          を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
          http://iwatebeer-de-happy.com/
           
           

          40人から2000人のイベントになっても変えないこと。

          • 2014.01.31 Friday   11:03
          0
            ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。

            40名から2000名のイベントに育ったベアレン工場ビール祭り。
            同じことは繰り返さないの、精神で翌年から積極的に改善を繰り返してきました。
            前回はこちら
             
            2年目の2006年。オリジナルジョッキを作成して、参加のプライオリティと環境への配慮の取り組みを意識づけました。
             
            さらに、その年からフードの販売も始めています。
             
            同じことは繰り返さないけど、変えてはいけない部分も大事にしています。
             
            大きくは環境への配慮と手作り感です。当初はお金もなかったので、テントからテーブル、いすに至るまで借りて来ていましたが、何につけてもお金をかけずに自分たちでやる。そんなところからのスタートでした。

             

            そこで、フード販売も自分たちで、です。マイスターのイヴォの監修で近くのパン屋さんにプレッツェル(手を結んだようにねじれているパン)を焼いてもらい、ドイツのソーセージを取り寄せて「ドイツプレート」と名付けて販売しました。

             
            〔ドイツのソーセージをボイルする社長の木村。楽しそう。〕

            また、お客さま、またはその紹介で音楽を演奏したり、マジックを披露したりしてくれる人にステージをお願いし、盛り上げました。これは
            2000人になった今でも変わっていません。

             

            手作りで行く。環境に配慮する。シンプルな企画。そんな1本の筋は変えずに、それをどう実現していくのか、表現していくのか、その繰り返しが大事なのだと思います。
             
            そこには様々なアイディアが生まれました。そんなアイディアが生まれる場の話を次週にしたいと思います。


            =============================
             
            *WEBマガジン*
            <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
             
            <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
             
            子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
            広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
             
            月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
            火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
            水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
            木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
            金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
             
            岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
            を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
            http://iwatebeer-de-happy.com/ 


            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            RECENT COMMENT

            • イギリスのビールは本当にぬるいです。
              こだれでら
            • コラボ商品が成功した時のメリットは。
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
              大信田昌宏
            • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
              大信田昌宏
            • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
              大信田昌宏
            • 特別編・ベアレンの311
              大信田昌宏
            • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
              大信田昌宏
            • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
              大信田昌宏
            • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
              大信田昌宏

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            LINKS

            banner_200x60.gif

            OTHERS