コラボ商品、成功の秘訣。新シリーズスタートです。

  • 2014.04.16 Wednesday   11:26
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    水曜日は「いいでしょこれ!と自慢する」をテーマにベアレンの商品作りを紹介しています。今回から新たなお話しです。
     
    毎年、8月11日に被災地10数カ所で一斉に花火を上げる活動をしているLIGHT UP NIPPONという団体があります。こちらとのコラボ商品「ハナビール」について今日からご紹介します。


     

    このビール、当社としては珍しいコラボ商品です。
     
    私は創業当初からの方針として、原則、PB(プレイベートブランド)は作らない、OEM(委託製造)は受けない、としてきました。これは自社ブランドを大切にしていきたい、自社のブランドを育てることに集中したい、そう考えてのことでした。
     
    また、経験上、PBOEMで造られた商品で成功するものは少なく、うまくいかないと相手先との関係にも影響してしまうこともあるため、そんなリスクも考えての方針でした。
     
    しかし、何事にも例外はあるもの。
     
    この商品も例外的に、コラボで商品を作り、そして成功しています。そんな商品の誕生のお話しとそこから、OEM商品でも成功に導けるヒントみたいなものをお伝えできればと思っています。


     

    さて、この商品、誕生は全くの偶然から始まりました。
     
    震災後、当社も様々な形で被災地支援に取り組んできました。
     
    中でも山田町との取り組みが一番多かったのですが、それはちょうどその日、2011年3月11日に山田町にあるカキ小屋でイベントを企画していたからでした。
     
    そして、1年後の2012年3月10日、震災のためにできなかったイベント「ベアレンビールを楽しむ会INかき小屋」を復興した(これにも協力させてもらいました)カキ小屋で開催しました。



     
    その会場から、この物語はスタートします。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/
     
     

    世界中のビールを日本の四季に合わせて楽しむ、という贅沢。

    • 2014.04.09 Wednesday   12:08
    0
      ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
       
      水曜日は「いいでしょこれ!と自慢する」をテーマにベアレンの商品作りを紹介しています。今回は人気投票で1位になったラードラーについてまとめです。
      前回はこちら
       
      発売期間も長くし、ベアレンの夏のアイテムとして定着してきたラードラーですが、正直なところ、人気投票で1位になるとは思いませんでした。
       
      けれど、結果が出る前に、現場を担当するスタッフに「何が1位になると思う?」と聞くと、いろいろ意見があったものの、ラードラーと答えるスタッフも少なくなく、現場の肌で感じる感覚としてもラードラーの支持が大きくなっているのだとわかりました。
       
      ベアレンのアイテムは、スタンダードと呼び年間を通じて販売する3アイテムに加え、季節ビールと呼ぶ11アイテムほどのビールがあります。これらは世界中にある様々なビールを飲む楽しみを感じてもらいたいというベアレンのもう一つのコンセプトに則ったビールで、それを日本の四季に合わせて楽しむというスタンスでご紹介しているものです。


       
      〔工場直売所には季節ビールのラインナップが飾られています〕

      お客さまから「あー、もうこのビールができる季節か」と言われると、とっても嬉しくなります。ベアレンのビールで季節を感じてもらえるなんて、最高です。
       
      その中にラードラーは夏のアイテムとして定着し、そしてベアレンのファンのすそ野を広げてくれています。こんなビールをこれからも、けれどベアレンらしさを失わずに作っていきたいと思っています。


       

      今年もあと2週間ほどで「ラードラーの季節」がやってきます。どうぞお楽しみに。


      =============================
       
      *WEBマガジン*
      <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
       
      <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
       
      子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
      広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
       
      月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
      火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
      水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
      木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
      金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
       
      岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
      を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
      http://iwatebeer-de-happy.com/
       

      ラードラーをいよいよ、ボトルで発売。

      • 2014.04.02 Wednesday   11:13
      0
        ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
         
        水曜日は「いいでしょこれ!と自慢する」をテーマにベアレンの商品作りを紹介しております。人気投票で1位になったラードラーについてご紹介しています。
        前回はこちら
         
        前年に樽生で試験的に発売したラードラー、翌年夏にボトル詰めを製造し本格発売に踏み切りました。


         

        売り出しで大切にしたのは、単なる混ぜ物ではない本格感、そして国産レモン果汁を使い香料や保存料を使わない自然な味わい、さらにドイツではポピュラーな飲み物でキワモノではないということ。あくまでベアレンのポリシーにあった商品ということでした。
         
        はたして結果は・・・
         
        華々しく即完売!と言いたいところですが、実際はそうでもありませんでした。前の年の樽生の発売の時と同じように、賛否の声をいただき、なかなか難しいなと感じました。けれど、自分自身は現地の物に全く劣らない素晴らしい出来で、夏の暑い日に外で飲むには最高!と愛飲しました。
         
        このコーナーの主題でもありますが、私は自分自身の「美味しい」「楽しい」「面白い」を大切にしたいと考えています。きっとそれに共感してくれる人が大勢いるはず。大切なのはどうやって伝えるか、だと。
         
        翌年は震災で思うように作れませんでしたが、一昨年より発売期間を延長、数量も大幅にアップしてベアレン人気の限定ビールに育ってきました。


         

        ポスターも作成し、本格感をさらに演出。店頭の活性化に努めました。このような取り組みで着実に、ファンのお客さまが着いてきてくれ、夏の必須のアイテムに育ってきました。


        =============================
         
        *WEBマガジン*
        <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
         
        <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
         
        子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
        広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
         
        月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
        火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
        水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
        木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
        金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
         
        岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
        を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
        http://iwatebeer-de-happy.com/
         

        いよいよ、ラードラー発売です。

        • 2014.03.26 Wednesday   12:23
        0
          ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
           
          水曜日は「いいでしょこれ!と自慢する」をテーマにベアレンの商品作りを紹介しております。人気投票で1位になったラードラーについてご紹介しています。
          前回はこちら
           
          ラードラーの中身ができました。次はいよいよ売出し。それは2009年7月のことです。
           
          2007年にドイツへ行った際に飲んだラードラーからヒントを得て、2年後にようやく商品化です。ベアレンとしては異例の長さです。もっとも、2年間ずっと考えていたわけではありませんが・・・


           
          〔当時の物ではありませんが。。。レモン果汁が入るので発泡酒になります。〕

          最初はタルのみで発売しました。小ロットで生産できる設備があり、割と冒険的な商品もそこで作ってきました。たとえばウイスキーに使う麦芽を使ったビールとか、柑橘系の香りのするビールとか・・・
           
          そう言う意味ではテスト販売的な位置づけでした。ベアレンのクラシックはやはり高温多湿の日本の夏には少々重い。もう少し爽やかに、軽やかに飲めるビールがほしい。そう考えました。


           

          すでに、直営レストランがありましたのでそこでのお客さまの反応や、イベントでの反応などをかなり慎重に見て行きました。
           
          結果は全般的には芳しくないものでした。
           
          甘い、飲みやすいけどたくさんは飲めない、などなど・・・
          本格ビールを前面に打ってきたベアレンにとって常連のお客さまには、混ぜ物的なイレギュラーな商品ととらえられたようです。
           
          けれど、その反面、今まであまりベアレンを飲まなかった女性や若者に好評だったもの見逃しませんでした。
           
          これはすそ野を広げる商材になるかも、その時、確信にも似た来年へのやる気がみなぎってきたのを覚えています。


          =============================
           
          *WEBマガジン*
          <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
           
          <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
           
          子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
          広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
           
          月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
          火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
          水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
          木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
          金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
           
          岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
          を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
          http://iwatebeer-de-happy.com/
           

          ラードラーはこうして作られます。

          • 2014.03.19 Wednesday   11:57
          0
            ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
             
            水曜日は「いいでしょこれ!と自慢する」をテーマにベアレンの商品作りを紹介しております。人気投票で1位になったラードラーについてご紹介しています。
            前回はこちら
             
            ラードラーはビールのレモネード割りであることはご紹介しました。
             
            つまり、ビール+レモン+糖ということになります。ここから先は各メーカーともブラックボックスで、混合割合などは手探りの状態です。様々な混合割合でサンプルを作り、試飲をして決めていきました。
             
            レモンも入手しなくてはなりません。できれば岩手のもの、とも思ったのですがさすがに岩手ではレモンは栽培されていません。うちのマイスターが国内の業者さんの純国産のレモン果汁をみつけてくれまして、それを使うことにしました。無添加で本当に純粋のレモン果汁。冷凍で届き、それを解凍して使っています。


             

            大手さんでこのような果汁系のお酒、カクテルや酎ハイなどを作る場合は、ほぼ100%添加物が入ると思います。香料、保存料、酸味料・・・大量に製造し、品質を安定させるためには必要不可欠な原料なのだと思います。けれど、ベアレンで同じことをしてはつまらない、そう考え、レモンは無添加の国産原料を使い、香料も保存料も添加物を一切使わない自然な味わいに仕上げました。
             
            本場ドイツのラードラーはビール感をやや感じるのですが、ベアレンのラードラーはこの自然のレモン感を大切にし、口当たり良い仕上がりにしました。
             
            こうしてベアレンオリジナルのラードラーが完成。いよいよ市場に発売になります。


            =============================
             
            *WEBマガジン*
            <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
             
            <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
             
            子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
            広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
             
            月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
            火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
            水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
            木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
            金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
             
            岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
            を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
            http://iwatebeer-de-happy.com/
             


            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << June 2020 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            RECENT COMMENT

            • イギリスのビールは本当にぬるいです。
              こだれでら
            • コラボ商品が成功した時のメリットは。
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
              大信田昌宏
            • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
              大信田昌宏
            • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
              大信田昌宏
            • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
              大信田昌宏
            • 特別編・ベアレンの311
              大信田昌宏
            • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
              大信田昌宏
            • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
              大信田昌宏
            • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
              大信田昌宏

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            LINKS

            banner_200x60.gif

            OTHERS