地ビールの歴史を振り返る

  • 2014.01.09 Thursday   10:02
0
    ベアレン醸造所の嶌田(しまだ)です。
     
    木曜日のテーマは、 「『場』をつくる。まずやってみる」です。
     
    「場作り」、これは私が会社でスタッフにもっともよく言う言葉かもしれません。
    それはなぜか・・・駆け足で地ビールの歴史を振り返ってみましょう。
     
    1994年に地ビールが解禁になり、90年代後半は実に多くの地ビールが生まれ、一大ブームを巻き起こしました。
     
    実は私どものように親会社のない地ビール会社はかなり珍しいです。大半は、観光関連の会社か、清酒メーカー、市町村(第3セクター)のどれかが親会社です。それは、観光のお土産品を、またはご当地名物を狙った存在だったからと言えます。
     
    ブームの時は、車でしか行けないような郊外のビール工場併設レストランに長蛇の列ができ、ご当地の特産品の入った、味わいよりインパクトを重視したビールが並び、私たちが考えるビールの楽しみとは全く別次元のものでした。
     

    工場建設
    〔工場建設中のベアレン 2002年頃〕

    そしてベアレンが
    2003年に創業。このころはブームはとうに終わり、地ビールにとっては最も厳しい時代でした。「地ビール?いい、いい、美味しくないから」と飲みもせずに拒絶される日々。すべてが「地ビール」の一言でくくられ、美味しくない、キワモノ的な、高い・・・そんなレッテルを貼られていました。


    初出荷
    〔初めて店頭に並んだベアレンビール 2003年〕

    これは今までの地ビールとは全く違うことをやらなければいけないぞ。私はそう実感しました。そこから、私たちの地ビールの楽しみを一から作る作業が始まったのです。それが「場作り」の始まりでした。


    =============================
     
    *WEBマガジン*
    <ベアレンのインナーチャイルド・マーケティング>
     
    <インナーチャイルド・マーケティング>は、毎日更新のウェブマガジン。
     
    子供心を大切に、好きなことを一生懸命に楽しみ、その共感の輪を
    広げるという仕事術。私たちの職場のクチグセにあわせて毎日更新中。
     
    月曜更新の記事: 遊びにもきちんとルールを設ける
    火曜更新の記事: 『この指とまれ』で仲間を増やす
    水曜更新の記事: 『いいでしょこれ!』と自慢する
    木曜更新の記事: 『場』をつくる。まずやってみる
    金曜更新の記事: 前と同じことは繰り返さないこと
     
    岩手の地ビール「ベアレン醸造所」は、うまいビールで食卓をハッピーに!
    を合言葉に、岩手県盛岡市で本格ドイツスタイルビールを造っています。
    http://iwatebeer-de-happy.com/
     


    PROFILE

    CALENDAR

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    • イギリスのビールは本当にぬるいです。
      こだれでら
    • コラボ商品が成功した時のメリットは。
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・ベアレン最大の成功事例?、よ市編スタート
      大信田昌宏
    • 新シリーズ・父の日ギフト、成功の軌跡
      大信田昌宏
    • 社外に持ち出すものには名前を付けています。
      大信田昌宏
    • イベントでの担当分け、大感謝祭ではこうでした。
      大信田昌宏
    • 特別編・ベアレンの311
      大信田昌宏
    • 人気1位のラードラーをベアレンが造れたわけ。
      大信田昌宏
    • 142回も毎回、違ったビールリストを考えるには・・・
      大信田昌宏
    • 営業のルール「ビールは、売ってはいけない」
      大信田昌宏

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    banner_200x60.gif

    OTHERS